キレイママ

TAG赤ちゃん

赤ちゃんがシャンプーを嫌がるときの対処法!試してみたい6つの方法

赤ちゃんのお風呂タイムは、スキンシップも取れる楽しい時間。でも、赤ちゃんがシャンプーを嫌がって大泣きしてしまうと、疲れてストレスに感じることもありますよね。そこでここでは、嫌がる赤ちゃんに上手にシャンプーするポイントを紹介します。

そもそも赤ちゃんにシャンプーって必要なの?

あまり汚れが気にならない赤ちゃんに、わざわざ嫌がるシャンプーをする必要ってあるの?

と、疑問に感じるママも多いかもしれません。

ベビーシャンプーではなく、頭も洗える全身用のベビーソープを愛用している人も多いのではないでしょうか。

ここではまず、赤ちゃんにシャンプーが必要な理由を紹介します。

全身用ベビーソープでも大丈夫?

赤ちゃんのお風呂のとき、頭と体を分けて洗うのが大変だし、全身用ベビーソープでも特に洗い上がりに違和感がないので、シャンプーではなく全身用ベビーソープを使っているママは少なくありません。

赤ちゃんは、まだ髪が生えそろっていなかったり、大人のようにスタイリング剤などを付けたりするわけでもないので、全身用ベビーソープでも十分洗える気がしますよね。

ですが、いつまでも全身用ベビーソープを使っているわけにもいきません。

全身用ベビーソープからシャンプーに切り替える、ベストなタイミングは一体いつなのでしょうか。

匂いや髪の絡まりが気になりだしたらベビーシャンプーを!

赤ちゃんにベビーシャンプーを使い始めたきっかけとして、よく聞かれるものには、

  • 髪が増えてベビーソープでは髪の絡まりや軋みが気になるようになった
  • お風呂の後なのに、皮脂やフケが出るようになった
  • 頭皮の汗の量が増えて、ベビーソープで落としきれなくなった
  • 頭に湿疹などができて、病院でシャンプーの使用を勧められた
  • 頭皮の匂いが気になるようになってきた

などの理由が挙げられます。

確かに、ベビーソープでは髪が長くなってくると、乾いた後にパサつきや絡みが出ることも多くなりますし、フケや皮脂が気になりだすことも多いです。

赤ちゃんの髪の洗い上がりに対し、「あれ?今までとちょっと違うな」と感じることがあったら、ベビーシャンプーへの切り替えを検討していきましょう!

赤ちゃんがシャンプーを嫌がる原因をチェック!対処法は?

それではここから、赤ちゃんがシャンプーを嫌がる原因とその対処法について、紹介していきます!

大人の目線からではなんでもないことでも、赤ちゃんの目線で見ると大泣きするほど嫌なことって意外と多いものです。

赤ちゃんをシャンプーするときは、ぜひここで紹介するポイントに注意してみてくださいね。

赤ちゃんが苦しい体勢になってない?

まだ椅子に座ってシャンプーするのが難しい赤ちゃんの場合、頭を手で支えて仰向けの状態でシャンプーしたり、膝に乗せて向かい合わせてシャンプーすることが多いですよね。

ですが、シャンプーを洗い流すとき、そのままの体勢では水が目に入ってしまいやすいため、赤ちゃんの体を前に倒して前髪などを洗い流していないでしょうか。

この姿勢を苦しく不快に感じる赤ちゃんは少なくないので、もし思い当たるようであれば一度やめてみましょう。

赤ちゃんが辛くない体勢のコツ

  • ベビーバスを卒業した頃
    膝の上に仰向けに寝かせ、片手で頭を支え、片手でシャワーを使う
  • つかまり立ちができるようになったら
    湯船の縁につかまり立ちさせ、天井を向かせて顔に水がかからないようにシャワーする
  • 立ち姿勢or座り姿勢が安定してきたら
    立った状態または座った状態で、下を向かせてタオルで顔を押さえる

赤ちゃんの成長状態や好みにより工夫が必要ですが、体勢次第でかなりシャンプーがやりやすくなります。

色々試して、ベストな体勢を見つけましょう!

洗うときに力を入れすぎていない?

赤ちゃんの頭を洗うとき、自分の頭を洗うように指先や指の腹で頭皮をこすると、痛みを感じて泣いてしまうことがあります。

赤ちゃんのシャンプーを早く済ませようと力が入ってしまうことも多いのですが、一度痛みを感じてシャワーに嫌なイメージがつくと、その後もしばらく苦労することになるので注意しましょう。

赤ちゃんを優しくシャンプーするコツ

赤ちゃんの場合はゴシゴシ頭皮をこするのではなく、手のひらに水をためて髪を受けながらすすぎ洗いをすると、刺激なくシャンプーすることができます。

また、爪を立てていないつもりでも爪が少し当たるだけで痛がることもありますので、赤ちゃんをシャンプーするときはできるだけ爪を短く切っておきましょう

どうしても爪を切りたくない場合は、シャワーブラシなどを利用してみてください。

目に水が入ってしまっていない?

赤ちゃんは、目や鼻に水が入ったり、顔に水がかかったりすると嫌がって泣いてしまいます。

これは、鼻や口が水に浸かって呼吸できなくなることに対して不安を感じるためで、生命を守るという観点からすると正常な反応です。

とはいえ、これではシャンプーできませんし、赤ちゃんに慣れろというのも酷なので、できるだけ水がかからない工夫をしましょう。

使えるものはなんでも使う!顔に水をかけないコツ

顔に水がかかるのは嫌でも、濡れたタオルで顔を押さえるのは平気という子は多いです。

シャンプーの間、子供にタオルを持たせて水が目や鼻に入らないようにガードできるようにするだけで、シャンプーがラクにできるようになることは少なくありません。

また、タオルを自分で持てない赤ちゃんの場合は、顔にガーゼをかぶせてあげて水が直接顔にかからないようにしてみましょう。

シャンプーハットを使うのもおすすめですが、シャンプーハットはサイズが合わないと隙間が空いて意味がありませんので、購入の際によくサイズをチェックするようにしてくださいね。

お湯が熱すぎない?

季節にもよりますが、大人の適温であるシャワー温度38〜40℃のお湯は、赤ちゃんや幼児には熱く感じがちです。

特に、シャワーヘッドと頭までの距離が近い場合、特に熱く感じて嫌がる原因になります。

温度調整はしっかり!少し温めがポイント

赤ちゃんにシャワーする際は、「少しぬるめかな?」と感じる温度に調節しましょう。

風邪を引いてしまうのではないかと不安に感じますが、大人の皮膚には適温でも赤ちゃんの薄い皮膚には熱めのお湯はかなり刺激になります。

こちらの言葉が理解できるようなったら、頭にシャワーをかける前に子供の手や足にシャワーをかけて、お湯の温度がちょうど良いか確認してからシャワーすると大泣きのリスクを減らすことができます。

シャワーの水圧が強すぎない?

大人に心地良いシャワーの水圧は、赤ちゃんや幼児には強すぎる場合も。

また強めの水圧だと、水しぶきが跳ねて顔にかかるリスクもあります。

少し弱めかな?が水圧調節のポイント!

少し弱くて物足りなく感じる程度の水圧が、赤ちゃんや幼児にはぴったり!

そもそも赤ちゃんは髪の量が少ないので、シャワーの水圧が弱めでも十分洗い流すことができます。

シャワーの水圧を緩め、温度をぬるめに設定し、赤ちゃんの頭にシャワーヘッドを近づけてお湯をかけると、赤ちゃんの頭の形に沿って緩やかに水が落ちるため、赤ちゃんに刺激を与えることなくシャワーを終えられます。

この方法なら、シャワーによる刺激を極力抑えられますし、シャワー時の水音が頭に響いて泣いてしまう赤ちゃんにも負担なくシャワーできます。

赤ちゃんがシャワーのタイミングで泣いてしまうようなら、ぜひ試してみてくださいね。

シャンプーが目に染みているのかも?

なかなか気づきにくいことなのですが、シャンプーが目に染みて泣いてしまっている可能性があります。

まだ話すことのできない赤ちゃんの場合は判断基準が難しいですが、顔に水がかかっても平気なのにシャンプーを流す時だけ目を固く閉じて泣いてしまう、という状態であれば、シャンプーが目に染みている可能性を考えましょう。

目に染みにくいシャンプーの利用を検討しよう

ベビーシャンプーの中には、目に染みない・染みにくい成分で作られているものがあります。

いつもシャンプーを流すときだけ泣いてしまう場合は、一度これらのシャンプーを試してみましょう。

ただ、目に染みないシャンプーは目に入っても気がつかないことが多く、そのまま目に残ってしまうと角膜を傷つけてしまうリスクもあります。

これらのシャンプーを利用する際は、普段よりも念入りに流すようにして洗い残しがないよう気をつけてくださいね。

雰囲気作りも大切!赤ちゃんのシャンプーを楽しい時間にしよう♪

赤ちゃんが嫌がらずにシャンプーするためには、雰囲気作りも大切!

ママが「また今日も大泣きするのかな」とナーバスな気持ちになっていると、赤ちゃんもその空気を読み取って機嫌が悪くなってしまいがち。

赤ちゃんが好きなおもちゃを用意したり、泣いてしまっても優しい声かけでなだめたりできるようになると、赤ちゃんの気持ちも落ち着いてシャンプーしやすくなるはずですよ。

また、赤ちゃんのシャンプーは使用するシャンプーも大切!

せっかくシャンプーできても、大人用のシャンプーでは刺激が強すぎて肌荒れや頭皮トラブルの原因になりがちです。

こちらの記事で赤ちゃんにオススメのベビーシャンプーを紹介していますので、シャンプー選びに悩んでいるママはぜひ参考にしてみてくださいね。

デリケートな赤ちゃんの肌におすすめのオーガニックシャンプー3選♡
赤ちゃんの髪質や肌質は、とてもデリケート。そのため、シャンプー選びに悩んでしまうことも少…
キレイママ kirei-mama.net

お風呂の時間のストレスを減らして、赤ちゃんとのスキンシップ時間を楽しみましょう♪

デリケートな赤ちゃんの肌におすすめのオーガニックシャンプー3選♡

赤ちゃんの髪質や肌質は、とてもデリケート。そのため、シャンプー選びに悩んでしまうことも少なくないですよね。そんなときに使いたいのが、赤ちゃんにも安心して使えるオーガニックシャンプー!ここでは、選び方のポイントやおすすめ製品を紹介します。

髪質の繊細な赤ちゃんにはオーガニックシャンプーがおすすめ!

赤ちゃんにオーガニックシャンプーがおすすめな理由は、何と言っても赤ちゃんの肌や髪がとても繊細だから!

特に髪質は、3歳を過ぎるまでは大人に比べてとても細く産毛のような細さであることもしばしば。

また肌のバリア機能も未発達のため、着色料や防腐剤によるちょっとした刺激で、頭皮などに肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

オーガニックシャンプーの原料は基本的に植物由来で洗浄力もマイルド、無添加製品を選べば肌への余計な刺激を避けることができます。

シャンプーによる刺激で肌がカサカサになり、そこを掻きむしってしまって傷だらけに…という事態を避けるためにも、赤ちゃんの肌に優しいオーガニックシャンプーを活用していきましょう!

赤ちゃん用のオーガニックシャンプーの選び方

オーガニック」と記載されていれば、オーガニック原料が配合されているのは間違いありません。

しかし、それだけで安全と判断してしまうのはとても危険なんです!

ここではまず、赤ちゃん用のオーガニックシャンプーの選び方を紹介します。

配合成分をしっかりチェック!「オーガニック」表記に騙されない

「オーガニック」と記載があれば、オーガニック原料100%で化学合成成分が入っていないと思っている人も多いかもしれませんが、実はこれは大きな間違い。

日本には、オーガニックコスメ認定団体はありますが、オーガニックや認証マークに関する規定が未だ存在していません。

そのため、オーガニック原料がほんの少しでも配合されていれば、添加物などの化学成分がたっぷり入っていても「オーガニック」を謳うことができるのです。

赤ちゃんの肌を守るために購入したシャンプーの主な成分が、刺激の強い化学合成成分では逆効果になってしまいますよね。

そのため、オーガニックシャンプーを買う際は、パッケージの「オーガニック」表記だけに注目するのではなく、配合成分までしっかり確認することが大切です。

低刺激な洗浄成分が配合されているものを選ぶ

赤ちゃんの肌を守るためには、どの成分が低刺激なのか把握しておくことも大切です。

低刺激なオーガニックシャンプーによく配合されている成分を紹介していきますので、オーガニックシャンプーを選ぶ際はこれらの成分が配合されているかどうか確認してみてくださいね。

アミノ酸系

赤ちゃん用のシャンプーとして最もおすすめの洗浄成分は、アミノ酸系

洗浄力がマイルドなため、肌のバリア機能を維持する皮脂を取り過ぎることなくシャンプーすることができます。

シャンプーにより頭皮がカサカサになりがちな赤ちゃんには、まずこのアミノ酸系の洗浄成分が配合されているシャンプーを選びましょう。

具体的なアミノ酸系の洗浄成分としては、

  • アラニン系(例:ココイルアラニンTEA など)
  • グルタミン酸系(例:ココイルグルタミン酸Na など)
  • サルコシン系(例:ラウロイルサルコシンNa など)
  • グリシン系(例:ココイルグリシンK など)

などが、挙げられます。

このうち、サルコシン系とグリシン系はアミノ酸にしては洗浄力が高め、アラニン系は泡立ちが良好、という特徴があります。

赤ちゃんの肌質に合わせて、洗浄成分を選びましょう。

ベタイン系

ベタイン系は、アミノ酸系と同様に洗浄力がマイルドで肌への刺激も弱い成分で、赤ちゃん・子供用のシャンプーやボディソープなどにもよく使用されています。

また、植物由来の成分であるため、オーガニックシャンプーにはよく配合されている代表的な成分です。

ベタイン系の具体的な成分名としては、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、ココアンホ酢酸Naなどが挙げられます。

石けん系

石けん系は、配合成分がシンプルで洗い落ちも良好、肌への刺激も少なめという特徴があります。

ただ、皮脂を落としすぎてしまう可能性があるため、肌が乾燥していたりデリケートな状態になっていたりするときは、使用を避けるようにしましょう。

石けん系の具体的な成分名としては、「石けん」とそのまま名前が付いているものや、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどが代表的です。

刺激が強めな高級アルコール系は避ける

安価なシャンプーによく配合されている高級アルコール系の洗浄成分は、洗浄力が高い分、肌への刺激もかなり強めです。

大人でも乾燥肌や敏感肌の人なら、頭皮の乾燥やフケなどのトラブルを招きやすい成分ですので、赤ちゃんに使用するシャンプーに使われていないかしっかり確認しましょう。

  • 硫酸系
  • スルホン酸系
  • スルホコハク酸系
  • カルボン酸系

特に、「ラウリル硫酸〜」「〜スルホン酸」と成分名が表記されているものは、刺激がかなり強めです。

大切な赤ちゃんの肌を守るためにも、洗浄成分はしっかり確認するようにしてくださいね。

ノンシリコン+無添加で安心♪

シリコンは、髪の表面に付着して髪同士の摩擦を防いだり、指通りを滑らかにしてくれる成分。

シャンプー後のキシキシ感を防ぐためによく配合されている成分ではあるのですが、ごく稀にアレルギー反応としてかゆみやかぶれを生じることがあります

赤ちゃんの肌はとても敏感なので、できればシリコンが配合されていない製品を選びましょう。

また、オーガニックシャンプーでも防腐剤や合成香料などが配合されていることがありますが、こちらもアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

防腐剤や合成香料自体は、製品の品質を維持したり使い心地を良くしたりするために配合されているもので、体への悪影響はほぼ心配ありません。

とはいえ、まだまだ未発達な赤ちゃんのためにはできるだけ無添加の製品を選ぶと安心です。

シリコン成分の代表的な具体名としては、

  • 〜メチコン
  • 〜シロキ〜
  • 〜シリル
  • 〜シラン

また、防腐剤の代表的な具体名としては、

  • 〜パラベン
  • パラオキシ〜

などが挙げられます。

ポンプ式+泡タイプが便利!

こちらは絶対条件ではありませんが、赤ちゃんにシャンプーするときの容器の形状は、ポンプ式がおすすめ。

ポンプ式なら片手で使えるため、赤ちゃんを抱っこした状態でも使いやすいです。

また、泡タイプのものは泡立てる必要もないため、さらに便利!

ふわふわの泡で優しく洗うことができるので、赤ちゃんの髪や頭皮への刺激を抑えることもできます。

赤ちゃんにぴったりのオーガニックシャンプー3選

それでは早速、赤ちゃんにぴったりのオーガニックシャンプーを紹介していきます。

どれも口コミなどで評価が高く、安心な成分を配合したおすすめの製品ばかり!

赤ちゃんのオーガニックシャンプー選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

きめ細かい泡でしっとり洗いあげる♪「ベビーブーバ ヘア&ボディシャンプー」

きめ細かい泡でしっとり洗いあげる♪「ベビーブーバ ヘア&ボディシャンプー」

250mL 2592円(税込)

植物由来の界面活性剤、ベタイン系洗浄剤、ノンシリコン&無添加、ポンプ式の泡タイプと、赤ちゃんにぴったり!ベビーブーバは、子供向けのスキンケア商品を開発しているブランドで、世界規模のオーガニック認証機関ECOCERTのナチュラルコスメティック認証を取得しています。オーガニックラベンダー花水をベースにした天然由来成分を99%以上(オーガニック成分:5.38%)配合した弱酸性シャンプーで、赤ちゃんを優しく洗ってあげましょう♪

詳しくみる
泡立ち・泡切れに定評あり!「アロベビー オーガニックベビーソープ」

泡立ち・泡切れに定評あり!「アロベビー オーガニックベビーソープ」

250mL 2106円(税込)

植物由来の界面活性剤、ベタイン系洗浄剤、ノンシリコン&無添加、ポンプ式の泡タイプ、純国産と、こちらも赤ちゃんに安心して使えるオーガニックシャンプーです。子供向けのオーガニックスキンケアブランドであるアロベビーの商品で、ECOCERTのナチュラルコスメティック認証を取得しています。また、開発から生産まで日本で行われている純国産なので、日本人の肌にぴったりなのも嬉しいですね。便利な詰め替え用も販売されているので、経済的なのもおすすめのポイントです。

詳しくみる
これ1本で頭の先からつま先まで!目にしみにくい「WELDA カレンドラ ベビーウオッシュ&シャンプー」

これ1本で頭の先からつま先まで!目にしみにくい「WELDA カレンドラ ベビーウオッシュ&シャンプー」

200mL 1728円(税込)

アミノ酸系洗浄剤を配合した、肌に優しいオーガニックシャンプーです。ポンプ式の泡タイプではありませんが、無添加、ノンシリコンと肌に優しい処方のため、新生児から使用可能!また、キープラントとなるカレンドラは、古代エジプト時代から肌荒れ予防や敏感な肌のケアに使用されてきた植物で、保湿・保護・肌荒れ防止効果が高いのが特徴。ヨーロッパでは敏感肌のケアにも使用されており、大人の敏感肌に悩む人にもおすすめの製品です。ナチュラル・オーガニック化粧品に関する厳格な審査基準の維持を目的とする国際非営利団体ネイトゥルーの認証を受けているので、安心して使うことができますよ。

詳しくみる

赤ちゃんを上手にシャンプーする4つのポイント!

せっかくオーガニックシャンプーを使用しても、上手にシャンプー出来なければそのメリットを最大限に引き出せません。

ここでは、デリケートな赤ちゃんの肌を守るシャンプーのポイントを紹介します。

事前にブラッシングしておく

赤ちゃんをお風呂に入れる前に、まずブラッシングをして髪表面の汚れを浮かし、髪の絡まりをほどいておきましょう。

このひと手間を加えるだけで、シャンプーやすすぎがぐっと楽になります。

シャンプーの前にぬるま湯で汚れを洗い流す

シャンプーは、汚れがあるほど泡立ちが悪くなります。

泡立っていない状態でシャンプーをゴシゴシ擦ると、頭皮に余計な刺激を与えてしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。

特に赤ちゃん用のオーガニックシャンプーは泡立ちが弱めですので、シャンプーを使用する前にぬるま湯またはお湯で汚れを洗い流しておきましょう

シャンプーは泡立ててから髪に乗せよう

ポンプ式の泡タイプの製品であれば、そのまま頭に乗せればOKですが、そうではない製品を使用するときは、髪に乗せる前にしっかり泡立ててから使用しましょう。

手の平だけで泡立てるのが難しい場合は、洗顔用の泡立てネットなどを使用すると便利です。

赤ちゃんの髪の毛はかなり細く、髪の上でシャンプーを泡立てようとシャカシャカ洗ってしまうと、すぐにもつれて切れてしまうこともあります。

赤ちゃんの髪の毛を洗うときは、優しく頭全体をなでるようにモミモミとマッサージするイメージで行うのがポイントです。

すすぎ残しが肌トラブルの原因に!しっかりすすごう

デリケートな赤ちゃんの肌には、シャンプーのすすぎ残しが大きなダメージとなってしまいます。

しっかりとシャワーで流す、洗面器などにお湯をためてゆっくりかけ流すなどして、念入りにすすぐようにしてください。

また、首(特にあごの裏部分)や耳の裏などは汚れやすすぎ残しに気付きにくいですので、シャワー後にお風呂の中でタオルなどで優しく洗ってあげると安心です。

赤ちゃんの肌はとてもデリケート!オーガニックシャンプーで肌トラブル予防

1歳半を過ぎると赤ちゃんの肌も大分強くなりますし、3歳を超える頃になると髪質も変わって大人用のシャンプーでも問題なく使えるようになっていきます。

ですが、それまでは肌質も髪質もとてもデリケート!

できるだけ刺激の少ないオーガニックシャンプーなどを活用して、赤ちゃんの肌や髪を守りましょう。

今回は、おすすめの赤ちゃん用オーガニックシャンプーとして、

  • ベビーブーバ ヘア&ボディシャンプー
  • アロベビー オーガニックベビーソープ
  • WELDA カレンドラ ベビーウオッシュ&シャンプー

の、3点を紹介しました。

どれもデリケートな赤ちゃんの肌でも安心して使える高品質な製品ばかり!

赤ちゃんのシャンプー選びに悩んでいるときは、ぜひ一度試してみてくださいね。

  • 人気記事
  • 新着記事
  • おすすめ
  • プチプラコスメは30代~40代でもおすすめ!2,000円以下のアイテムまとめ
    160233

    プチプラコスメは30代~40代でもおすすめ!2,000円以下のアイテムまとめ

  • ナチュラルメイクの仕方。初心者必見!ナチュラルと手抜きの違い
    156358

    ナチュラルメイクの仕方。初心者必見!ナチュラルと手抜きの違い

  • メガネ女子が10倍かわいくなれる!フレームに合わせたメイク術
    155781

    メガネ女子が10倍かわいくなれる!フレームに合わせたメイク術

  • 細眉の整え方はナチュラルさがポイント!大人の女性に似合う眉メイク講座
    120799

    細眉の整え方はナチュラルさがポイント!大人の女性に似合う眉メイク講座

  • 「効果がありすぎる美容法?!」韓国伝統のよもぎ蒸しのお話
    109488

    「効果がありすぎる美容法?!」韓国伝統のよもぎ蒸しのお話

  • マツエクを取れにくくさせる秘訣!2倍長持ちするケア方法とオススメの選び方
    109056

    マツエクを取れにくくさせる秘訣!2倍長持ちするケア方法とオススメの選び方

  • 鼻の皮むけにもう悩まない!おすすめのケア&メイク方法教えます♡
    124

    鼻の皮むけにもう悩まない!おすすめのケア&メイク方法教えます♡

  • 赤ちゃんがシャンプーを嫌がるときの対処法!試してみたい6つの方法
    139

    赤ちゃんがシャンプーを嫌がるときの対処法!試してみたい6つの方法

  • デリケートな赤ちゃんの肌におすすめのオーガニックシャンプー3選♡
    167

    デリケートな赤ちゃんの肌におすすめのオーガニックシャンプー3選♡

  • マイクロニードルローラーでセルフケア!安全に効果を出すポイントは?
    195

    マイクロニードルローラーでセルフケア!安全に効果を出すポイントは?

  • マイクロニードルパッチの効果で即効ハリツヤ肌♡おすすめ製品3選も♪
    219

    マイクロニードルパッチの効果で即効ハリツヤ肌♡おすすめ製品3選も♪

  • 首のポツポツが気になる…そんなときは首イボクリームを活用しよう♡
    272

    首のポツポツが気になる…そんなときは首イボクリームを活用しよう♡

  • 大人も似合うの?おすすめのカラーアイライナーとおしゃれかわいい使い方
    33131

    大人も似合うの?おすすめのカラーアイライナーとおしゃれかわいい使い方

  • 75392

    コンシーラーの使い方、大丈夫?クマの隠し方とおすすめアイテム♡

  • mediplusgel-top
    71236

    メディプラスゲルの口コミは本当?新verの保湿効果を徹底検証!

  • 梅雨時期の毛穴引き締め化粧水おすすめ8選!肌質別の選び方まとめ
    6383

    梅雨時期の毛穴引き締め化粧水おすすめ8選!肌質別の選び方まとめ

  • アスタリフトホワイト トライアル4点セット
    10652

    アスタリフトホワイトの口コミは本当?お試しセットを使ってみました

  • リペアジェルの効果のほどは?トライアルキットでリペアジェルを試してみました
    2529

    リペアジェルの口コミを検証!主婦がトライアルで得られた効果は?