2019.05.23更新 TAKAI YukaTAKAI Yuka

デリケートゾーンのにおいが気になる!効果的な対策法はある?

デリケートゾーンのにおいが気になる!効果的な対策法はある?

デリケートゾーンのにおいの悩みは、なかなか人に相談しにくいもの。効果的な対策法が分からず、自分1人で悩みを抱え込んでしまいがちですよね。ここでは、デリケートゾーンのにおいの原因や効果的な対策法、おすすめのケアグッズなどを紹介します。

記事のURLとタイトルをコピー

デリケートゾーンのにおいは何が原因なの?

デリケートゾーンのにおいをケアするには、まずその原因を知ることが大切。

原因に合わせた対策法で、効果的ににおいをケアしましょう!

デリケートゾーンのにおいの原因はほぼ「雑菌」!

デリケートゾーンから嫌なにおいがする原因は多々あるものの、その大部分は雑菌の繁殖によるもの。

デリケートゾーンは汗をかきやすいのにムレやすく、さらにアポクリン汗腺の密集地帯のため皮脂や角質が溜まりやすいと、雑菌によるにおいが発生しやすくなる条件が整っているのです。

雑菌が繁殖しやすい条件は、下記のように多々あるため注意が必要なんですよ。

  1. 汗+皮脂
    汗と皮脂が結びつくと、細菌が活性化してにおいが強くなる
  2. オリモノの放置
    オリモノはたんぱく質が豊富なため、雑菌の格好のエサになる
  3. 汚れの蓄積
    排泄物の拭き残しや皮脂や古い角質が汚れの原因に

雑菌が繁殖すると、独特の酸っぱいにおいがしてきます。

また、膣内に雑菌が繁殖するとオリモノがにおい始めるため、オリモノのにおいには要注意。

  • 風邪などの病気
  • 疲労やストレスの蓄積
  • 抗生物質の服用

などが原因で、体の抵抗力が落ちてしまうと、膣内に存在する善玉菌デーデルライン桿菌が減少して悪玉菌が大量に繁殖し、オリモノから生臭いにおいがするようになってしまうのです。

デリケートゾーンの洗いすぎもにおいの原因に

デリケートゾーンのにおいが気になるからと、つい洗いすぎてしまったり、トイレの度に毎回ウォッシュレットやビデなどを使用したりしている人は注意が必要です。

デリケートゾーンを洗いすぎてしまうと、膣内の善玉菌が減少して雑菌が繁殖しやすい環境に!

習慣的に温水洗浄便座を使用している人は、使用していない人よりも膣内の善玉菌が少なく、腸内細菌などのによる汚染のため細菌性膣症にかかりやすくなる」という研究報告もあります。

デリケートゾーンの清潔を保つことは大切ですが、膣内まで過剰に洗いすぎてしまうとにおいや病気の原因にもなることを覚えておきましょう。

女性ホルモンの影響でにおいやすくなる時期がある

女性の体はホルモンバランスが変化しやすく、体に様々な影響が現れます。

デリケートゾーンのにおいが強くなるのも、その1つ。

女性ホルモンのバランスは下記のような場合に変化しやすく、デリケートゾーンの嫌なにおいの原因になります。

生理

生理中は経血やナプキンの蒸れにより、デリケートゾーンのにおいが強くなります。

また、生理が終わっても生理のにおいが残っているため、においが気になることは少なくありません。

低用量ピルの服用

低用量ピル服用開始直後の1〜3ヶ月間は、女性ホルモンが急激に変化するため膣内の細菌に対する抵抗力が低下します。

そのため、デリケートゾーンがにおいやすい状態になってしまうのです。

妊娠

妊娠・出産の前後は、女性ホルモンが急激に変化するためデリケートゾーンがにおいやすい状態になります。

加えて、臨月や出産前は抵抗力が抵抗しているため、カンジダ膣炎や細菌性膣炎などに感染して、オリモノから異様なにおいがする場合があります。

これらの感染症を放置すると切迫早産のリスクが高まるため、デリケートゾーンやオリモノのにおいが異常に強くなったら、かかりつけの産婦人科で早めに相談しましょう。

更年期

40〜60歳頃に訪れる更年期には、女性ホルモンの分泌量が減ってバランスが崩れるため、オリモノがにおいやすい状態になります。

また、デリケートゾーンの潤いが減るため、萎縮性膣炎や子宮がんなどのリスクもアップしています。

生臭いオリモノが出る、不正出血があるなど、気になる症状が現れ始めたらできるだけ早めに婦人科を受診するようにしましょう。

ストレスや疲労

ストレスや疲労の蓄積により、女性ホルモンのバランスが乱れる場合もあります。

排卵期や生理前や妊娠中でもないのにオリモノの量が増えたら、ストレスや疲労が蓄積している可能性を疑いましょう。

病気や体質がにおいの原因の場合も

オリモノのにおいが、生臭い、チーズくさい、イカくさい、魚が腐ったようなにおいがする、血なまぐさいといった異様なにおいに変わっている場合は、性感染症などの病気の疑いがあります。

性感染症や子宮がんといった病気は、痛みや出血などの症状がないケースもあるため、オリモノの変化を見逃さないように注意しましょう。

また、酸っぱいにおいや洗ってもすぐにおうという場合は、スソワキガの可能性が考えられます。

軽度のスソワキガであれば食生活の改善やVIO脱毛によるにおいを軽減できますが、下着に黄色いシミがつくような重度の場合はにおい軽減のために手術が必要になる場合も。

VIO脱毛を始めたい。でも恥ずかしい…デリケートゾーンの処理方法
海水浴やプールに行く予定が入ると、V・I・Oラインのムダ毛処理が気になります。海外では当たり…
キレイママ kirei-mama.net

スソワキガの手術は、皮膚科や形成外科、美容形成外科や美容整形外科などで受けることができます。

まず婦人科を受診し、デリケートゾーンのにおいがスソワキガによるものだと特定できたら、これらの病院を受診して相談するようにしましょう。

もちろん手術だけではなく、内服薬や外用薬による薬物治療でスソワキガが改善する場合もあります。

デリケートゾーンの嫌なにおい!どう対策すべき?

デリケートゾーンの嫌なにおいは、その大部分が雑菌によるもの!

そのため、基本的にはデリケートゾーンの清潔を保ち、雑菌が繁殖しにくい環境を作ることが大切です。

デリケートゾーンの清潔を保ち雑菌の繁殖を防ごう!

デリケートゾーンにあるアポクリン汗腺から出る汗には、たんぱく質や脂肪酸、糖質、色素、尿素、アンモニアなどのたくさんの成分が含まれているため、雑菌の格好のエサ!

また、古い角質や排泄物が汗と結びつくと、かなり強いにおいが発生します。

そのため、デリケートゾーンは毎日丁寧にあらい、生理用ナプキンやオリモノシートはこまめに変えて汗がムレないようにすることが大切!

デリケートゾーンを毎日洗っているのににおいが気になるという人は、石鹸や汚れを流しきれていない可能性があります。

すすぎは念入りに行うようにしてくださいね。

デリケートゾーンを清潔に保つだけでも、かなりにおいが軽減するはずですよ。

アンダーヘアをケアするのも効果的

アンダーヘアの量が多いと汗でムレやすくなってしまいます。

そのため、アンダーヘアをこまめにケアするだけでも、におい対策になります。

はさみやヒートカッターでアンダーヘアを短くカットする、カミソリなどで剃る、エステサロンなどでVIO脱毛を受けるなど、アンダーヘアをケアする方法はたくさんありますので、始めやすいものから試してみてくださいね。

デリケートゾーンの洗い方を見直そう

デリケートゾーンは、洗い方を間違えると逆効果になってしまうことも。

デリケートゾーンを洗うときは、以下のポイントに気をつけてみてくださいね。

  • 指の腹で優しく洗う
    爪を立てたり、ナイロンタオルでゴシゴシこするのは厳禁!
  • 石鹸をしっかり泡だてて洗う
    石鹸やボディソープを直接つけて洗わないように気をつけること
  • 中まで洗いすぎない
    膣内を洗いすぎると善玉菌が減少して悪玉菌が繁殖しやすくなる
  • しっかりすすぐ
    石鹸カスや汚れが残ると、悪臭の原因に!

正しい洗い方で、デリケートゾーンの嫌なにおいをなくしましょう!

即効においケアしたいならデリケートゾーン専用グッズを活用しよう

即効でにおいケアしたい場合は、デリケートゾーン専用グッズを活用するのもおすすめ!

デリケートゾーン専用グッズは用途に合わせてたくさんの種類がありますので、自分の状態に合わせて活用しましょう。

  • オリモノシート
    オリモノが下着に付着するのを防ぎ、雑菌を繁殖しにくくする
  • デリケートゾーン専用ウェットシート
    汗や汚れ、ニオイを簡単に拭き取れる。外出中や生理中のケアに
  • デオドラントスプレー
    吹きかけるだけですぐにおいを消せる。外出中でも使用可能
  • デオドラントクリーム
    持続性・即効性◎。医薬部外品の製品がおすすめ
  • デリケートゾーン専用ソープ
    ボディソープの代わりに毎日使ってセルフケア

この後、おすすめのデリケートゾーンにおいケアアイテムを紹介していますので、そちらも合わせて参考にしてくださいね。

膣内まで綺麗に洗いたいときは婦人科へ

膣内まで綺麗に洗いたい場合は、シャワーやウォッシュレットなどでセルフケアするのではなく、婦人科で相談するようにしましょう。

婦人科を受診するとにおいの原因を特定してもらえますし、膣洗浄や膣錠の処方を受けるといった処置をしてもらうことができます。

早期の病気の発見にもつながりますので、あまりにもデリケートゾーンのにおいが気になるときは早めに病院を受診するようにしてくださいね。

デリケートゾーンのにおい対策におすすめの製品はコレ!

ここから、デリケートゾーンのにおい対策におすすめの製品を紹介していきます。

どの製品を使えば良いのか分からないという人は、ぜひ参考にしてください。

におい・汚れケアにぴったり!「PEACHJOHN デリケートウォッシュオイル」

におい・汚れケアにぴったり!「PEACHJOHN デリケートウォッシュオイル」

定期便 3150円(税抜)

日本国内で無農薬栽培されたオーガニック材料「PJ ORGANIC」を使って作られた、こだわりのデリケートゾーン専用ウオッシュオイル。優しい成分だけで作られたオイルの効果で、においの原因となる汚れや古い角質をしっかり浮かせてオフしてくれます。もちろん無添加(動物由来原料・合成着色料・合成染料・合成シリコン・合成誘導体・遺伝子組み換え原料不使用)なので、毎日安心して使い続けられます。定期便を利用すると10%オフになりますし、ウォッシュオイルとデオスプレーがセットになった特別定期便では15%オフで購入可能です。デリケートゾーンのニオイ・かゆみ・黒ずみに悩ませれている人は、ぜひ一度試してみてください。

詳しくみる
黒ずみ・におい・保湿対策ができるボディーソープ!「クリアネオパール」

黒ずみ・におい・保湿対策ができるボディーソープ!「クリアネオパール」

定期便 2980円(税込)

5種類の洗浄成分によってキメ細かく濃厚な泡感を実現し、さらに美肌サポート成分を贅沢配合!お肌にやさしい植物性美肌サポート成分とビタミンC3種の効果で、デリケートゾーンだけではなく脇などの全身のにおいにもしっかりアプローチしてくれます。また、高保湿成分サクランと9種類に及ぶ植物性保湿成分を配合しているためお風呂上がりのケアが不要になるほどの高保湿感も魅力の1つ。もちろん無添加(着色料・合成油・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・パラベン・シリコーン不使用)なので、デリケートな部位にも安心して使うことができますよ。定期便は縛りがなく1回で解約可能のため、ぜひ定期購入で試してみましょう。衣類用消臭スプレー付きの定期便(3980円)も用意されています。

詳しくみる
イビサシリーズのデリケートゾーン用ニオイケアセット!「イビサソープ&イビサデオドラント」

イビサシリーズのデリケートゾーン用ニオイケアセット!「イビサソープ&イビサデオドラント」

セットコース定期便 6970円(税抜)

口コミNo.1ワックス脱毛サロンIBIZA WAXが開発している医薬部外品のデリケートゾーン用ケア化粧品であるイビサビューティーから、薬用イビサソープと薬用デオドラントがセットになった商品が登場!イビサソープには、雑菌を抑えるイソプロピルとメチルフェノール、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸時カリウムの2大有効性分の配合に加え、6種類の植物美容成分と5種類のビタミンを配合!においの原因をすっきりオフしながら、美肌ケアも可能です。また、合わせて使いたいイビサデオドラントには、汗を抑えるフェノールスルホン酸亜鉛と菌の繁殖を抑えるシメン-5-オール、保湿効果のある6種類の植物成分を配合。日中のにおいケアはこれ1本でバッチリです。毎日ケアして、デリケートゾーンのにおいの悩みから解放されちゃいましょう!

詳しくみる
ミュゼプラチナム発の高品質ウェットシート!「ミュゼコスメ エチケットシート」

ミュゼプラチナム発の高品質ウェットシート!「ミュゼコスメ エチケットシート」

10枚入り 500円(税抜)

美容サロンとして有名なミュゼプラチナムのコスメブランドである「ミュゼコスメ」発売のエチケットシート。天然由来成分87%配合、無添加(パラベン・エタノール・シリコン・鉱物油・石油系界面活性剤・合成着色料・合成香料不使用)、アレルギーテスト済みのため、肌が弱い人でも使いやすいエチケットシートです。ポーチに入れられるコンパクトサイズなので、常に持ち歩いて気になるにおいのケアに役立てましょう!

詳しくみる
ドラッグストアでも買えるのが嬉しい!「コラージュフルフル泡石鹸」

ドラッグストアでも買えるのが嬉しい!「コラージュフルフル泡石鹸」

150mL 1800円(税抜)

抗カビ成分ミコナゾール硝酸塩に殺菌成分を加え、肌の上で雑菌やカビが増殖してしまうのを防いでくれる薬用石鹸です。ドラッグストアでも購入できるため、すぐに買いに行けるのも嬉しいですよね。低刺激&無添加(無香料・無色素)、弱酸性の設計のため、デリケートゾーンだけではなく足のにおい対策、顔のニキビ予防、デリケートな赤ちゃんのお尻の洗浄など、様々な用途に使うことができます。また、泡で出てくるタイプなのでいちいち泡立てる必要がないのも◎。

詳しくみる

いますぐ始めたいデリケートゾーンのにおい対策!異常を感じたら病院へ

自分のにおいは気がつきにくい部分があるので、気になるようであれば下着を脱いだ瞬間や直接触れてにおいをチェックしてみましょう。

においが気になり始めたら、まずはデリケートゾーン専用のにおいケア用品で対策を。

今回、おすすめの商品として

  • PEACHJOHN デリケートウォッシュオイル
  • クリアネオパール
  • イビサソープ&イビサデオドラント
  • ミュゼコスメ エチケットシート
  • コラージュフルフル泡石鹸

を、ご紹介しました。

もしどのケア用品を使うべきか悩んでいる場合は、ぜひ試してみてくださいね。

ケア用品でケアしてもにおいが解消されず、きついにおいが残る場合は一度婦人科を受診するようにしてください。

急ににおいが強くなったり、オリモノの量や色が変化したりしている場合は、病気の可能性が高くなります。

早めの受診が自分の身を守ることにもつながりますので、恥ずかしがらずに勇気を出して病院で相談しましょう。

記事のURLとタイトルをコピー
デリケートゾーンのにおいが気になる!効果的な対策法はある?

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
その体の不調は「冷え」のせい!?簡単「温活」の方法まとめ
ホルモンバランスの乱れはどう整える?おすすめサプリや改善方法は?
貧血の自覚症状チェック!サプリメントと生活改善で予防しよう!
「効果がありすぎる美容法?!」韓国伝統のよもぎ蒸しのお話
プラセンタ注射の美容効果と気になる副作用と危険性まとめ
更年期なんて怖くない!元気に明るく更年期を過ごすコツ
生理中の不調を解決?自然と体に優しい布ナプキンの使い方・手作り方法
人には聞けない尿漏れの改善策!「膣トレ」で女性の悩みを解決!