2016.02.09更新 南の島のやぎ子南の島のやぎ子

老けて見えるのは首のシワ・たるみのせい?!冬の間にネックケアがおすすめな理由

老けて見えるのは首のシワ・たるみのせい?!冬の間にネックケアがおすすめな理由
記事のURLとタイトルをコピー

顔のしわやたるみは毎日ケアしていても、首のケアをしっかりできているママは少ないのではないでしょうか?首の状態は非常に重要で、顔をキレイにメイクしていても、首のしわやたるみで年齢がバレてしまうもの。あまりにも首の老化サインが多いと、実年齢より老けて見られてしまうこともあります。
今までネックケアをしたことがない人でも、この冬の間にできるネックケアをご紹介しましょう。

注意すべきは老けて見える3つのサイン

老けて見える3つのサイン

顔と首はつながっていますが、肌質は全く異なるため、首の肌は10年早く老けてしまうとも言われています。では、どのような首が老けて見えてしまうのでしょうか?

1. シワ・たるみ

顔にはできないような深いたるんだ横シワはありませんか?昔から、年齢がはっきり出てしまうのは首と手のシワと言いますが、シワがあるだけで本当に老けて見えてしまいます。首は顔の皮膚よりも皮膚が薄く、さらに良く動かす部分なので、たるみやすい傾向があります。さらに、顔のたるみが首まで影響している場合もあります。

2. くすみ

首は影になって暗く見えるかもしれませんが、透明感がないことでも老けて見えます。すっぴんの時、顔と首の色を比べて、顔のほうが明るく見えませんか?普段、首の色に合わせてファンデーションを選んでいるなら、さほど違和感がないかもしれませんが、せっかく色白なのに、地の肌の色より暗い色をつけるのは少し残念ですよね。

3. ポツポツ・ごわつき

イボのような小さなポツポツはありませんか?茶色だとすぐに見つけられるのですが、皮膚と同じ色をしていたりして見つけづらかったりもします。このポツポツ、一度できてしまうと、普通にしていて取れることは少なく、逆にどんどん増えることもあるので、要注意です!すぐに鏡を見ながら注意深く手で触って、チェックしてみましょう。

シワやたるみはどうしてできる?首老けの原因は?!

紫外線

紫外線

紫外線は、皮膚の奥のコラーゲンやエラスチンなどの水分と弾力を保持する部分にダメージを与え、シワやたるみを作ってしまいます。また、紫外線を浴びた肌はターンオーバーが乱れ、古い角質がどんどん溜まり、くすみやポツポツの原因になってしまいます。

とにかく紫外線対策は顔でも首でも同じように大切です。首に日焼け止めを塗り忘れていたりしませんか?また、塗っていたとしても、首は顔よりも2倍、汗腺が多いので汗をかきやすく、こまめな日焼け止めの塗り直しが必要です。塗り直しが難しい場合は、ストールを使ったりして、上手に紫外線対策をしましょう。

血行不良

血行不良

スマホやパソコンで同じ姿勢を続けていると首や肩の血行不良になり、首老けの原因になります。ママならではと言えば、抱っこひもや重たいマザーズバックも血行不良やコリの原因になりますね。血行が悪いと、角質や老廃物が溜まりやすく、くすみやむくみ、ポツポツの原因になります。

軽くストレッチ

肩や首が凝ったな、と感じた時には、軽くストレッチをしたり、力を抜いてリラックスを心がけましょう。

枕の高さ

枕の高さ

毎日数時間、頭をあずける枕は非常に重要です。枕の高さが高すぎると首にシワが寄った状態が続き、深いシワを刻んでしまいます。

首のシワを消したい…やっておきたい対処方法

ツボ刺激

首の筋肉をストレッチして首のリンパの流れを促進します。首のシワ対策だけではなく、顔のリフトアップにも効果的で一石二鳥です!

つぼ1
あごの中心から1cm右にある「夾承漿(きょうしょうしょう)」というツボに右手の人差指を当て、親指を添えてあごの骨を挟みます。
左手の人差指を、右の鎖骨のきわにある「欠盆(けつぼん)」というツボに当てます。

つぼ2
左手はそのまま。右手はあごの角から少し内側、歯を食いしばった時に出る筋肉の真ん中にある「頬車(きょうしゃ)」というツボに向かってスライドさせます。

この時、にっこりと笑顔をつくり、鼻から息を吸って、口から吐きながら、ゆっくり上を向きます。これを3回繰り返します。左側も同様に行います。

引用元:ぐっすり.com

セルフリンパマッサージ

首だけではなく、顔のむくみにも効果的なリンパマッサージです。スキンケアのついでに1~2分で簡単にできますので、ぜひ今夜からでも実践してみましょう。

リンパマッサージ

画像元:bihada-mania.jp
  1. クリームやオイルを首全体にたっぷり塗る。
    この時エッセンシャルオイル配合だとよりリンパの流れが良くなります
  2. 耳の下から鎖骨まで、優しく、でも老廃物を流すようにマッサージする。
  3. 鎖骨のくぼみから肩へ向かってマッサージする
  4. 鎖骨から脇の下のリンパ節へマッサージする。

(参考元:首のシワの原因と解消する方法)

ネックケア用化粧品

先述したマッサージと共に使うとより効果的なネックケア専門化粧品もあります。
顔に使っている保湿美容液やクリームを塗っても良いのですが、首に必要なのは保湿 + コラーゲンやエラスチンなどの成分です。すでに首のシワが入り始めてしまった場合、早めに専用クリームを使って対策をすることをおすすめします。

首のシワ対策専用クリーム<br>ファーミングEXネッククリーム

首のシワ対策専用クリーム
ファーミングEXネッククリーム

9,000円(本体価格)

肌の抵抗力を高めて引き締まった弾力のある肌に整えてくれます。ピンと張ったようなリフト間もあります。乾燥対策もできるクリームです。

詳しくみる

フェイシャルパック
また、フェイシャルパックでも、首までケアできるものがいくつもあります。普段から定期的にフェイシャルパックを使っている人は、このようなパックに置き換えて対策するのも手ですね。

くすみ・ポツポツケアクリーム<br>ぽろぽろ取れる杏ジェル(フレージュ)

くすみ・ポツポツケアクリーム
ぽろぽろ取れる杏ジェル(フレージュ)

3,000円(本体価格)

古く溜まった角質を取り除いてくれるピーリングジェル。優しくマッサージするだけでポロポロと取れるので気持ちがいいです♪ピーリングが苦手な人も、自然由来の保湿成分が入っているので安心です。

詳しくみる

枕の見直し

枕の見直し

頭と首と肩の3点が、正しい姿勢で立った時と同じ位置になるような枕が良いとされています。高すぎる・低すぎる枕は、顔のむくみや不眠などを引き起こすこともあるので、美容・健康の為に一度枕を見直すのがおすすめです。

また、バスタオルを折って、自分に合った高さの簡易まくらを作ることもできます。
それから、すぐに枕を買い直せない!という場合には、枕に頭だけではなく、なるべく肩も乗せて寝るようにしましょう。それだけでも首のシワは軽減されますよ。

紫外線対策と美白ケアの徹底!

首元を露出しない冬、出したとしても紫外線の弱い冬の時期は美白のゴールデンシーズン。冬にしっかりと紫外線対策と美白をすることによって、春までに透明感のある首元にすることも十分可能です!

たまには…エステサロンやマッサージに♪

たまには…エステサロンやマッサージに♪

セルフマッサージには限界がありますよね。たまにはプロの手を借りて、エステサロンやマッサージに行くのも◎。最近では首・デコルテ専用のコースがあったりもします。また、プロに状態を見てもらうことによって、今後のセルフケアの方法を知れるのでおすすめです!

キレイな首元で春にファッション・ヘアアレンジを楽しもう!

キレイな首元で春にファッション・ヘアアレンジを楽しもう!

いかがでしょうか。冬にネックケアがおすすめな理由、お分かりいただけましたか? 意外とネックケアをしているママは少ないので、この冬の間にケアするだけで、あっという間に若々しい首元で、差をつけることができちゃいます! 透明感とハリのある首元になれば、春の薄着、アップヘアアレンジも怖いものナシですね!ぜひ試してみてください。

記事のURLとタイトルをコピー
老けて見えるのは首のシワ・たるみのせい?!冬の間にネックケアがおすすめな理由

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
クレオパトラも愛用していた“パールエキス”。真珠のコンキオリンアミノ酸の効果とは!?
パーフェクトワン モイスチャージェルを実際に1ヶ月使ってみた感想
プラセンタ注射の美容効果と気になる副作用と危険性まとめ
コンシーラーの使い方、大丈夫?クマの隠し方とおすすめアイテム♡
キミエホワイトの口コミは最悪?シミに悩む主婦が効果を検証
出産後シミが増えた…頑固なシミ・そばかすの正しいケア
メディプラスゲルの口コミは本当?新verの保湿効果を徹底検証!
カムカムのスゴイ効果をご紹介!美容と健康のスーパフードの実力とは?