2016.07.25更新 sorasora

VIO脱毛を始めたい。でも恥ずかしい…デリケートゾーンの処理方法

VIO脱毛を始めたい。でも恥ずかしい…デリケートゾーンの処理方法

海水浴やプールに行く予定が入ると、V・I・Oラインのムダ毛処理が気になります。海外では当たり前に行われてるデリケートゾーンの処理は、ここ最近日本でも、注目が集まるようになってきています。 水着や露出の多い服を安心して着れるように、知りたいけどなかなか聞けないデリケートゾーンの脱毛、VIO脱毛についてご紹介します。

sora
sora

こんにちは!ライターのsoraです。以前は教育関連の仕事をしていました。子育てや仕事の経験を生かしつつ、少しでも皆さんのお役に立てる記事が書けたらと思っています。よろしくお願いします♪

Like:活字(活字を読むと心が落ち着きます笑)

記事のURLとタイトルをコピー

VIOってどこを指すの?

デリケートゾーンの脱毛のことを、「VIO脱毛」と言います。
でもVIO脱毛って何のこと?と思った方もいるのではないでしょうか?

VIOとは、それぞれVライン、Iライン、Oラインのことを指します。

Vラインはビキニライン

Vライン

画像元:allabout.co.jp

Vラインとは、いわゆるビキニラインのことを言います。
比較的自分で処理しやすい部位ですし、水着を着るときなどに気になるラインでもありますので処理をしたことがあるという方は多いのではないでしょうか?

Iラインは陰部のライン

Iライン

画像元:allabout.co.jp

Iラインとは、陰部の両サイドのことを言います。
見えない部分ですし、最もデリケートな部分でもあるため自己処理をしたことがある方は少ないかもしれませんね。
しかし毛の量が多い場合は、水着を着たときに気になる部分でもあります。

Oラインは肛門回り

Oライン

画像元:allabout.co.jp

Oラインとは、肛門の周りのことを指します。
自分では確認できない場所ですので気にしたことがない方も多いかもしれないですね。
もともと日本の女性はこの部分は無毛のことが多いようですが、この機会に一度確認しておくと安心ですね。

VIO脱毛のメリット

ではこのVIO脱毛は、最近なぜ話題になっているのでしょうか?
それはVIO脱毛することによりいくつかのメリットがあるからなのです。

メリット1 見栄えが良くなる

脱毛をしてツルツルの美肌でレジャーを楽しもう!

まず誰もが思いつくメリットに、見栄えが良いということがあります。
特に水着などからムダ毛がはみ出さないという点は、これからの季節最も大切なことですよね。

メリット2 においやムレが気にならなくなる

ムレない

VIO脱毛をすることでデリケートゾーンを清潔に保つことができ、においやムレを軽減させることができます。
特に生理中は経血が毛につくことを防ぐことができるため、快適に過ごすことができます。

VIO脱毛の方法 自己処理編

VIO脱毛の方法には大きく分けて自分で処理する方法と、エステなどで処理する方法の二つに分けられます。
デリケートゾーンなので、他人に脱毛するのがのが恥ずかしいと思ってしまう人は、手軽にできる自己処理の方法がおすすめです。

自己処理は、Vラインの処理が基本

自己処理にもさまざまな方法がありますので、メリットとデメリットを理解したうえで一番取り入れやすい方法をお試しくださいね。

デリケートゾーンとはその名のとおり敏感な部分なので、処理の仕方を間違えてしまうとトラブルが起こる可能性が高いです。

特に見えにくいOラインや、デリケートなIラインの自己処理はトラブルの元です。

自己処理をする場合は、Vラインのみにしておくことをおすすめします。

VIOラインすべてを自分で脱毛をしたい方はこちらの記事を参考にしてください。

VIO脱毛を自宅で!サロンが恥ずかしい方におすすめの方法と注意点
サロンへ行ってVIOラインを脱毛するのが恥ずかしい方におすすめのホームケアをご紹介。「自分で…
キレイママ kirei-mama.net

カミソリ、シェーバーで剃る

シェービングセット

最も手軽な方法として、カミソリや電気シェーバーなどで剃るという方法があります。
コストもかからないですし、時間もかからないため多くの方が一度は試したことがあるのではないでしょうか?

しかしこの方法、手軽ではありますが、お肌を痛める可能性があります。特にカミソリは要注意。
剃る場合は電子シェーバーを使うことをおすすめします。

この処理の仕方の場合、毛はまたすぐに生えてきてしまうため頻繁に処理を行わなくてはなりません。
その結果色素沈着などのトラブルを起こすことも。
剃った後のケアは、冷やして沈静したり、専用ジェルでの保湿がおすすめです。必ず忘れずに行ってくださいね。

ハイドロ シルク トリムスタイル

ハイドロ シルク トリムスタイル

954円

値段も安く、敏感肌の方でも安心して使える商品です。 これ一本で全身使えますし、防水機能もついているため浴室での使用も安心です。

詳しくみる

商品の口コミ

気になるビキニライン用電動トリマー。
浴室でも安心して使えるウォータープルーフ設計で、
4段階に調節可能なキャップ付きなのでお好みの長さに♪
うまい具合に毛をすくのってなかなか難しいのですが、
これなら簡単にできました!
ハサミでカットするのと違ってチクチクしないのもいいですね☆
引用元:cosme.net

ワックス、毛抜きなどで毛を抜く

毛抜き

こちらもあまりお金をかけずにできますし、再び生えてくるまでに時間がかかるといったメリットがあります。
しかし剃るのに比べると痛みが伴いますし、毛抜きで抜く方法は時間も手間もかかります。

また毛を引っ張ることで皮膚に負担がかかりますし、埋没毛ができる恐れもあります。
埋没毛はできてしまうと自分でのケアが難しいため注意が必要です。
抜く場合は専用のワックスがおすすめです。

アンジェリカワックス

アンジェリカワックス

3,600円(税抜)

実際に専用のサロンでも使われているワックスです。 お肌が敏感な方でも安心して使用できるように原材料にもこだわって作られています。

詳しくみる

商品の口コミ

初めてのブラジリアン。初めてのセルフ。
匂いはべっこう飴みたい。ベタベタになってもすぐ流水で落ちるので安心しました。
抜け具合はというと、コツがつかめてくるとごっそり!
人に見せたくなります(笑)抜くのが楽しい楽しい♪
VIOはクッキングシートにワックスを少し取ってから
脱毛シートに塗り付けて使うととてもやりやすかったです。

引用元:review.rakuten.co.jp

ヒートカッターを使う

ヒートカッターとは、熱線によりムダ毛をカットするものです。
ハサミでのカットよりも毛先が丸くなるため、切った後の毛が伸びてきても下着などから飛び出すことが少なくなります。

簡単にできますしお肌に負担もかからず良い方法なのですが、切るだけなのでもちろん毛の量自体を少なくすることはできません。
毛の量があまり多くなく、自然な感じに整えたい方にはおすすめです。

VライントリマーLCオリジナル

VライントリマーLCオリジナル

3,809円(本体価格)

小型で小回りが利き、使いやすい商品です。 アタッチメントコームがついており、長さをそろえることができます。

詳しくみる

商品の口コミ

美容雑誌なんかでもアンダーヘアのお手入れは当たり前みたいな事が書いてあって、私も思い切って処理してみようという事でヒートカッターの中で最も口コミ評価の高かったVライントリマーを購入。
実際使ってみると分かりますが、本当に誰でも簡単に処理できますよ。
使いやすいし小回りも効くし買ってよかったアイテムです。

引用元:アンダーヘア処理用ヒートカッターおすすめランキング!!

家庭用脱毛器を使う

家庭用脱毛器のほとんどが、「フラッシュ脱毛」という方法が取り入れられています。エステサロンでも取り入れられている方法です。
そのためサロンに行かなくても、サロンでの脱毛と同じような効果が期待できます

フラッシュ脱毛は痛みをあまり伴わないのがメリットなのですが、VIOラインは敏感な部分のためかなりの痛みが伴うこともあります。
また機械自体の値段もお高めなので、なかなか気軽に試すことはできないですよね。

2PS

2PS

49,800円

鼻から下の部位ならほぼ全身の脱毛ができる脱毛器です。 もちろんVIO脱毛も可能です。 出力レベルの調節も可能なので使いやすいですね。 照射までのチャージ時間も短い点も使いやすいポイントです。

詳しくみる

商品の口コミ

他社のものは5段階の一番強いモードで毛は薄くなりましたが全く生えてこないという所まではいきませんでした。デリケートゾーンは痛くて照射レベルを弱くしないと使えませんでした。よって効果なし。2PSは8レベルでも痛みが少ないです。2〜3日で抜けてくる毛があります。
美容カートリッジは手の甲のシミが薄くなってきたような気もします。乾燥も少し良いようです。
引用元:楽天市場

サロン、クリニックでの脱毛

自分でVIO脱毛するのは、少し難易度が高いと感じてしまう時は思い切ってサロンやクリニックで脱毛してもらいましょう。
特にIライン・Oラインは自分では見難い位置にあるので、プロにやってもらうのが安心です。
恥ずかしいと思ってしまうのも当然ですが、水着からムダ毛が・・・という事なってしまう恥ずかしさよりは、幾分かましなはず!

勇気をだして恥ずかしい気持ちを押し殺して行ったからには失敗はしたくない

サロンとクリニックでの脱毛の違い、予算、メリット・デメリットを事前に把握してから施術しましょう。

サロンや クリニックでの脱毛なら安全にきれいに

VIO脱毛をきれいにトラブルなく行いたいという場合は、サロンやクリニックで脱毛をしましょう。

わざわざ出向かなければならないのが面倒だったり、他人にデリケートゾーンを見せるのはずかしかったりということもありますが、安全にきれいに脱毛できるという点は最大のメリットです。
また最近はサロンによって安いプランがある場合もあるため、思ったほどお金もかからずにできますよ。

サロン脱毛の主流はフラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛

サロンとは、医師がおらず医療行為を行わない場所のことを言います。

こちらでの処理は、フラッシュ脱毛が主流です。フラッシュ脱毛は痛みをあまり伴わないのですが、一度の脱毛だけでは永久に脱毛することが難しいのが難点です。

しかし何度か繰り返すうちに徐々に生えてこなくなることが多いようです。
クリニックでの脱毛に比べると値段も安いことが多く手軽に施術を受けることができる点が魅力です。

サロンは医師がいないため、万が一トラブルが起こったときの対応が弱いことがあります。
そのためサロン選びは慎重に行ってくださいね。

事前のカウンセリングがしっかりとしており、実績のあるサロンを選ぶようにしましょう。

VIO脱毛のサロン選びに関しては、以下のサイトを参考にしてみてください。
主なサロンで使用している脱毛器の比較なども載っているためサロン選びの参考になりますよ。また、サロンでの脱毛に対する疑問にも答えてくれています。

VIO脱毛回数効果ナビ

クリニックの脱毛、主流はレーザー脱毛

脱毛クリニック

クリニックとは、医師がおり医療行為を行うことができる場所のことを言います。

クリニックでの脱毛はより出力が高く効果も高いレーザー脱毛が主流です。
レーザー脱毛は効果が高く、一度脱毛を行うとその後生えてくることはほとんどないようです。

ただし痛みを伴うことがあるようです。
特にVIOラインは痛みを感じやすい部分のため注意が必要です。クリニックによっては事前に相談をすると麻酔を使ってくれることもあるようです。

サロンに比べて金額が高いことが多いのですが、医師がいるという安心感があります。

またサロンのように何度も通わなくてすむため、トータルの金額で考えるとサロンとそれほど変わらないということも。
クリニックによっては安いプランが用意されていることもあります。

クリニックの脱毛については以下のサイトが参考になります。
各クリニックのメリット、デメリットが一覧で紹介されているためクリニック選びの参考になりますよ。

医療脱毛でVIO脱毛

VIO脱毛で夏のレジャーを楽しんで

vio-line-epilation10

いかがでしたか?VIO脱毛にはさまざまな方法があり、かかる料金やメリット、デメリットもそれぞれ違います。
自分のムダ毛の状態も考慮しつつ一番ベストな方法をチョイスしてくださいね。

きれいにVIO脱毛を行って、夏のレジャーを思いっきり楽しんでくださいね。

記事のURLとタイトルをコピー
VIO脱毛を始めたい。でも恥ずかしい…デリケートゾーンの処理方法

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
顔の脱毛をプロに任せた方が良い理由&後悔しない脱毛サロンの選び方
脇の黒ずみ、ポツポツ毛穴をきれいに美白!効果的な自宅ケア方法
家庭用美顔器の種類完全マニュアル!効果・メリットまとめ
保湿しやすい梅雨時期がチャンス?!ピーリングでキメ肌&透明肌に♡
眉毛の失敗を上手にカモフラージュ♪剃りすぎ抜き過ぎた時の対処法
妊娠中は脱毛はしていいの?胎児に与える影響が心配・・・
小鼻の黒ずみをキレイに除去!原因別の正しいケア方法とは
VIO脱毛を自宅で!サロンが恥ずかしい方におすすめの方法と注意点