2016.05.29更新 岬青潮岬青潮

夏こそ冷え対策をしよう!血管年齢も若返る”酢しょうがダイエット”

夏こそ冷え対策をしよう!血管年齢も若返る”酢しょうがダイエット”
記事のURLとタイトルをコピー

美肌、若返り、ダイエットなど…美への欲求には様々なジャンルがあります。でも、たった一つの事を実行するだけでそれらが全てかなってしまうとしたら?そんな夢のような方法があるとしたら、是非一度は試してみたいですよね。

今からでも間に合います。テレビで話題になった『酢しょうがダイエット』で、夏に向けて美肌と美しい体を手に入れてしまいましょう♡

春夏にぴったり!酢しょうがダイエットをご紹介

vineger-ginger-diet01

若返って、しかも痩せちゃう?そんな都合のいいダイエット、あります

ダイエットと言えば色々と食事を制限したり、大変な運動を毎日したり…なかなかそんなにストイックになれなくて、案外続かないことも。

色々食べるのが大好きだし、適度な運動ならいいけど激しい運動は大変、そんな人にとってとても都合の良いダイエットがあります。短時間で若返ってしかも痩せる、そんな便利な『酢しょうがダイエット』をご紹介します。

短期間で若返る!小堺一機さんが大成功した酢しょうが若返りダイエット

テレビでおなじみのお笑タレント、小堺一機さんが酢しょうがダイエットに挑戦し、たった10日間で血管年齢が-17歳も若返った事が話題になりました。

放送以降、酢しょうがダイエットに必要な黒酢は売り切れが続出し、売り場はガラガラ状態だとか…。
そこまで皆が夢中になるダイエット法、気になってしまいますよね。
春を過ぎて夏、これからの季節に適した女性にぴったりのダイエット法ですので、是非取り入れていきたいです。

女性の体は冷えやすい…暑い夏こそ酢しょうががイイ!

冬が過ぎ、春がやってくると暖かく過ごしやすくなりますね。そして夏が来て暑くなり、これで体は冷えないと思っている方も多いと思いますが、油断大敵です。夏こそ『夏冷え』といって体が冷えてしまうのです。

夏冷えする理由は様々です。
エアコンの設定温度が低く、過剰に室内を冷やしている状況が続いたり、暑さのあまり冷たい飲み物を飲み過ぎたり。
また、夏野菜の食べ過ぎで体が冷えてしまう事もあります。夏野菜は体を冷やす効果のあるものが多く、健康のためにと野菜を多く摂取している人ほど、知らない内に体を冷やしています。

また、女性は男性よりも筋肉量が少なく、脂肪が多いという特徴があります。一旦体が冷えてしまうと、脂肪は保冷材のような役割をし、その冷えを持続させてしまいます。女性のほうが冷えに弱い、と言えるでしょう。

夏場は無意識の内に体を冷やす要因が多く、このような理由から、暖かい、暑い季節にほどこの「酢しょうがダイエット」は効果的です。

ここがポイント!酢しょうがダイエットのやり方

vineger-ginger-diet02

とってもお手軽!『万能調味料・酢しょうが』の作り方

vineger-ginger-diet05

酢しょうがダイエットに使う『酢しょうが』とは一体どのようなものなのでしょうか。それは、余すところなく料理に使える万能調味料です。作り方はとても簡単なので、是非試してみてくださいね。

《材料》

  • しょうが……100g
  • 黒酢………100cc
  • はちみつ……20g

※保存容器を準備しましょう

《作り方》

  1. しょうがを丁寧に水洗いし、よく水気をきる
  2. しょうがをみじん切り、千切りなど、お好みの形状に切る(皮付きのままでOKです)
  3. 切ったしょうがを保存容器に入れ、黒酢を入れる
  4. はちみつを入れてよく混ぜる
  5. 一晩寝かせれば完成

完成した酢しょうがは加熱したものに加えて食べると◎

酢しょうがは何にでも合います。ご飯や麺類にかけたり、またハンバーグや生姜焼きなどお肉類にもぴったり。また、野菜炒めやチャーハンに使うのも良いです。そのままスープに入れたり、つけ汁だけをお茶にいれるというお手軽な活用法もあります。

また、つけ汁とはちみつを1:1でカップに入れて、そこに熱湯とレモン汁を注いでレモネードにしたり。その活用法は無限大。気軽においしくいただけるのがいいですね。

また、冷たいものにかけて食べるのももちろんOKです。豆腐に乗せたり、醤油とゴマ油と混ぜてドレッシングにして生野菜にかけたりと、その使い方は無限大です。作った酢しょうがは料理にどんどん活用しましょう。

適度な摂取、適度な運動を心がけましょう!

理想は「朝・昼・晩」の三回に分け、少量ずつ摂取することです。

早く痩せたい、早く若返りたいと思うあまり、焦って食べ過ぎてしまうのはNGです!あまり沢山食べると、しょうがの辛味・酢の酸で胃が荒れてしまうことも…。それ以外にも食べ過ぎで動悸、体が温まり過ぎてのぼせてしまったり。適度な摂取を心がけ、おいしく上手にダイエットを続けましょう。

酢しょうがを食べるととても体がポカポカしますが、そこまで長い時間継続するものではありません。ですので、一気にたくさん食べるのではなく、数回に分けて少量を摂取する事を心がけましょう。そうする事によって、胃への負担も軽減できます。

また、摂取とともに程度な運動を取り入れるとよいでしょう。酢しょうがの摂取により基礎代謝が非常に向上していますので、軽いウォーキングなどでも十分効果が期待できます。

具体的にどういう成分が効いてるの?

vineger-ginger-diet03

『ジンゲロール』と『ショウガオール』が大活躍!

『ジンゲロール』ってあまり耳慣れない言葉ですね。これは新鮮なしょうがに含まれる「辛味成分」のこと。成分的には唐辛子に含まれるカプサイシンに近いです。ジンゲロールにはコレステロールを下げて免疫力を高め、吐き気・頭痛を抑える効能もあります。

また、酢しょうがダイエットで主に活躍してくれるのは『ショウガオール』。これはしょうがに暖かいものを加えたり、加熱する事で出る成分で、ジンゲロールに加えてこのショウガオールを発生させることで基礎代謝を上げ、冷え性を予防してくれます。酢しょうがを加熱したり温めたりしたほうが効果的という理由は、この『ショウガオール』にあります。

血管年齢が一気に若返っちゃう♡

お笑いタレントの小堺一機さんが検証した時、開始前は血管年齢が+14歳という危険な状態でしたが、10日間の酢しょうがダイエットの後には血管年齢-3歳という健康的な数値を記録しました。上記の結果からもわかるように、短期間で血液が綺麗になり、血行を改善させる効果があります。

酢しょうがには脂肪燃焼を助ける効果がありますが、単純にそれを食べているだけで痩せる、というわけではありません。無理なく適度な運動を織り交ぜ、食事のバランスにも気を配りましょう!

まとめ

vineger-ginger-diet04

酢しょうがダイエットの実態は、単純に「痩せよう」という事ではなく、しょうがのパワーを十分に取り入れて健康に美しく痩せよう!ということがわかりました。
暑い夏にこそ冷えに注意して、無理なダイエットをして栄養不足になるような事なく、健康的なダイエットをしていきたいですね。
本記事が皆さまの参考になれば幸いです。

記事のURLとタイトルをコピー
夏こそ冷え対策をしよう!血管年齢も若返る”酢しょうがダイエット”

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
野菜くず(ヘタ・皮)を捨てずに再利用!栄養満点のベジブロスでアンチエイジング
ダイエットだけじゃないの?プチ断食はアンチエイジングにも効果的
美と健康のスーパーオイル!海外セレブ注目の「ギー」(ghee)を生活に取り入れよう
キレイをつくる♡30代女性におすすめのトレンドスーパーフード-2017-
和漢植物エキスの美容効果がすごい!おすすめの和漢コスメも♪
プラセンタ注射の美容効果と気になる副作用と危険性まとめ
”体験談” 糖質制限で本当に気を付けるべき事、その効果と真実
美容・健康・疲労回復にうれしい効果!フルーツを使った自家製果実酢の作り方