2016.05.30更新 南の島のやぎ子南の島のやぎ子

30歳からの毛穴ケア!皮脂で広がった毛穴がシワになる!?

30歳からの毛穴ケア!皮脂で広がった毛穴がシワになる!?
記事のURLとタイトルをコピー

毛穴が気になってきた30代…。毛穴パックやピーリングでケアをしているから大丈夫!と思っているあなた!それだけでは不十分。その毛穴ケアだけでは、将来シワになるらしいのです。

毛穴とシワは連想されにくいのですが、実は30代以降のお肌ではよく起きるトラブルです。しっかりケアをして、ピンっとハリのあるお肌をキープしましょう!

毛穴が一番気になる時期は30代。その原因は?

肌の皮脂量がピークになるから

額における皮脂のワックスエステルの分泌量の加齢変化

参照元:額における皮脂のワックスエステルの分泌量の加齢変化 – 美容皮膚科学 改訂2版 Doctor’s Organic

20代後半から30代前半の女性のお肌は、皮脂量がピークになります。皮脂の多いお肌の毛穴は広がりやすく、目立ちやすいため、多くの30代女性の悩みとしてランクインします。

また、その皮脂が紫外線にあたると、酸化し黒くなったり、角栓を作ってしまうため、さらに毛穴が目立つようになります。さらに、角栓があるお肌はざらつきが気になったり、メイク崩れもしやすいのが特徴です。

乾燥による毛穴の開き

30代が皮脂量のピークとは言え、個人差がありますよね。中には、乾燥肌が年々ひどくなってきたから毛穴は気にしない、という女性もいるもしれません。しかし、残念ながら乾燥でも毛穴は開き、目立ってしまうのです。これは、お肌が水分の蒸発を押さえようと、毛穴を開いて皮脂を出そうとするためです。

pores-wrinkle02 pores-wrinkle03

画像元:versuper.com

また、乾燥が進むと細胞ひとつひとつのボリュームが減り、落ち込んでしまうため、毛穴の面積が広がり、目立ちやすくなるのも原因の一つです。

毛穴がシワになるのは本当の話?!

原因は肌の弾力不足

pores-wrinkle04

画像元:cosmetrial.biz

さて、タイトルにもあるように、この「毛穴」が将来「シワ」になるという話は、残念ながら本当の話で、多くの女性がその現実に肩を落としています。

肌の断面図解説

その原因は肌の弾力不足。肌の真皮のコラーゲンネットやエラスチンなどの肌のハリを保つ組織が少なくなったり、弱くなって切れやすいと、お肌がたるみ、開きっぱなしの毛穴もいっしょにたるみます。たとえば、みかんのネットを引っ張ると、一つ一つの穴は細長くなりますよね。このような状態です。でも弾力のある固いロープで作られたネットならたるみませんよね。

弾力のない肌の毛穴は、まず涙型なります。それがどんどん進行すると、やがて隣の毛穴同士が合体し溝になります。「帯状毛穴」「たるみ毛穴」と呼ばれ、これがシワの正体です。

このシワはアラフォーの「頬」に現れる

気になる40代の毛穴と小じわ

この「帯状毛穴」「たるみ毛穴」は30代後半の肌に現れやすいのです。なぜかというと、肌のターンオーバーが鈍化している時期であり、紫外線などの外部刺激でコラーゲンの破壊がされても生成が追い付かない状態だからです。

しかも皮脂の分泌は減少し始めているため、毛穴は開きっぱなしで帯状毛穴化は進んでいってしまうのです。

そしてこの現象が起こりやすいのが頬。特に黒目下と小鼻を結んだ内側あたりのゾーンです。試しにその部分の皮膚を上に引っ張ってみてください。毛穴が小さくなったら、たるみ始めている証拠です!

では、どのようにケアをすればよいのでしょうか。

たるみ毛穴のケア方法

まずは洗顔で毛穴を目立たせない

pores-wrinkle07

毛穴ケアでは、洗顔が非常に大切です。毛穴ケアというと、ピーリングや毛穴パックなどを想像するかもしれませんが、これらのやり過ぎは逆効果。ターンオーバーを早くし過ぎて肌を乾燥させたり、過剰な皮脂分泌をさせてしまうため、逆に毛穴が目立ってしまいます。

もちろん週に1回などの適度な使用は必要ですが、大切なのは毎日の「普通の洗顔」です。できるだけ刺激の少ない洗顔をするのがポイントです。

  1. 洗顔の水の温度は30~34℃
  2. 見えないくらいのきめ細かい泡で1分以内
  3. すすぎは擦らず、でも時間をかけて念入りに

また、皮脂を落としすぎないように、できるだけ洗浄力の穏やかなクレンジングや洗顔料を選ぶことが大切です。もちろん、メイクの濃さや肌質によって選ぶようにしましょう。
詳しくはこちら→ 化粧水や美容液より大切?!クレンジングと洗顔ですっぴん美肌を手に入れよう

1回では毛穴の汚れや開きの変化は分かりづらいですが、数か月続けることで、確実に変化が見られますのでぜひ続けてみてください。

毛穴の引き締めにはやっぱり収れん化粧水?!

pores-wrinkle08

毛穴が気になる女性は「収れん化粧水」など引き締めのアイテムに手を出すことがあると思いますが、これは皮脂が過剰に出ている時や脂性肌の方におすすめです。毛穴がきゅっと引き締まり、皮脂の分泌を正常化させてくれます。
しかし、敏感肌や乾燥肌の方の場合、収れん化粧水に含まれるアルコール類やメントールなどが刺激になってしまう場合がありますので、ご自身の肌をよく見極めて使用するようにしましょう。

ちなみに混合肌の私は、真夏に暑すぎて毛穴が開きっぱなしだな~と感じた時にコットンでTゾーンにだけ使用しています。肌がさらっとして化粧崩れも少ない気がします。

基本的に毛穴に必要なのは水分・油分のバランスが取れた保湿。必ずしも引き締めを意識しなくても大丈夫です。「化粧水だけ」「クリームだけ」の様な水分と油分のバランスが崩れたケアをしなければキメがふっくらと整い、毛穴は目立ちにくくなります。

コラーゲン生成促進

毛穴のケアと同時に、肌の弾力アップもケアしていきましょう。

肌のコラーゲンやエラスチンは真皮にあり、コラーゲン入りの化粧品を塗っても届きません。そもそもコラーゲン分子の大きさ的にも難しいですし、仮に真皮に届いていたとしても、それを一生補い続けなければならないのは大変です。

それなら、できるだけ肌が本来持っているコラーゲン生成機能をアップさせてあげる方がいいですよね。そのためには、コラーゲンの元になる、アミノ酸とビタミンC誘導体のWケアがおすすめです。

アミノ酸はこのように表示されています。(一例)

  • アルギニン
  • セリン
  • ロイシン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • バリン
  • トレオニン
  • プロリン
  • ヒスチジン
  • アラニン
  • サルコシン

など
 

また、注意したいのが、ビタミンC誘導体には種類があるということです。コラーゲン生成を目的にするなら新型ビタミンC誘導体のAPPS配合の化粧水や美容液がおすすめです。イオン導入しなくてもしっかりと真皮まで浸透しコラーゲン生成をサポートしてくれます。

  • 水溶性(リン酸アスコルビルNa(Mg)、Lアスコルビン酸(2-)グルコシドなど)
    即効性が高いが高濃度だと刺激が強い、乾燥しやすい。化粧水に含まれる。
  • 脂溶性(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルなど)
    持続性があり乾燥しづらいが即効性は低い。クリームなどに含まれる。
  • どちらにも溶ける新型(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS))
    水溶性・脂溶性の数十倍の即効性&浸透率。そして低刺激。ただし高価。

ビタミンC誘導体は、セラミドの分泌も調整してくれる働きがあるため、毛穴の開きっぱなしもケアしてくれます。ぜひ取り入れてみてください!

BC インテンシヴ スキン ブースター(ファンケル)

BC インテンシヴ スキン ブースター(ファンケル)

12,343円

一か月で肌の集中ケアをするなら、APPS(浸透型ビタミンC誘導体)配合のこの美容液がおすすめ。肌密度を高め毛穴を小さくし、弾力のある美肌へと導いてくれます。

詳しくみる

VC100APPSスペシャルエッセンス(ドクターシーラボ)

VC100APPSスペシャルエッセンス(ドクターシーラボ)

7日間分×4セット・11,000円 / 7日間分・3,500円

高濃度のAPPSが凝縮された集中美容液。肌にうるおいを与える成分が多数配合されており、キメの細かいハリのある肌に導いてくれます。

詳しくみる

化粧品に頼らない+αのケアも大切!

ヒートショックプロテインでコラーゲン増大!

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、身体に熱ストレスが加わると、身体が細胞を修復しようと作るたんぱく質のことで、入浴法が有名です。風邪をひきにくくなったりがんの予防にも効果があると知られています。
このHSPを活用して、コラーゲンも増やすことができます!42℃くらいの熱めのホットタオルと氷水で冷やしたクールタオルを交互に3回くらい繰り返しあてることで、その効果が得られるのです。週2~3回が目安です。

糖質・脂質の多い食事はNG

pores-wrinkle09

コラーゲンの多い食事を意識したり、サプリメントで摂取している方は多いかもしれませんが、その裏で意外とやってしまいがちなのが糖質・脂質の多い食事です。

脂質の多い揚げ物やファストフードは、毛穴を広げ、過剰な皮脂分泌を招きます。また、糖質(お菓子やパン、パスタなど)の取り過ぎは、肌のコラーゲンを破壊し、たるみやすい肌にしていまいます。

いくらコラーゲンを摂取していても、このような食生活では改善できません!注意しましょう。

きゅっと引き締まった大人の肌に

pores-wrinkle10

ここまでお伝えしたように、将来シワにしない為には、「毛穴」と「たるみ」の二つのケアが重要です。片方だけやってもほとんど意味はありません。今からしっかりとケアをして、きゅっと引き締まったお肌でキレイを保ちましょう!

記事のURLとタイトルをコピー
30歳からの毛穴ケア!皮脂で広がった毛穴がシワになる!?

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
顔にできたシミ・そばかすをキレイにするための洗顔術
話題のしゅわしゅわ毛穴ケア!即効実感できる炭酸コスメを使ってみよう
カムカムのスゴイ効果をご紹介!美容と健康のスーパフードの実力とは?
美容のスーパーアイテム「オイル」のすごい効果と使い方!
ファムズベビーのバリア効果を検証!肌荒れ改善ではない予防スキンケアとは?
“うっかり日焼け”してしまったら?軽傷・重症ごとの対処法と、赤ちゃんの日焼け考察
ひじ・ひざ・かかとの黒ずみ対策でエイジングケア!
おすすめのクレンジングと正しい洗顔で、すっぴん美人を目指そう!