2016.04.04更新 南の島のやぎ子南の島のやぎ子

もっと効果的にキレイに!オイルを飲んで体の内側からエイジングケア

もっと効果的にキレイに!オイルを飲んで体の内側からエイジングケア
記事のURLとタイトルをコピー

数年前からのオイル美容ブーム。美容に気を遣っている女性ならすでにオイル美容経験者でしょう。しかし、飲む美容オイルを継続的に取り入れている女性はどれほどいるでしょうか? そして、みなさん噂ほどの効果は得られているのでしょうか?

満足のいく効果を得たいなら、とにかく飲む美容オイルは継続して取り入れることが近道。本当にキレイな人は努力を続けているのです。今回は、効果的な取り入れ方や継続のコツを紹介しましょう。

オイル美容は継続しなければ効果は得られない?!

飲む美容オイルのおさらい

オイルが生み出す美しい模様

Photo by Martin Cooper Ipswich

多くの美容家がオイルを飲むメリットを紹介しているので、今回は簡単におさらいです。

食用の美容オイルとして注目されているのが、不飽和脂肪酸であるオメガ3やオメガ9が豊富に含まれる植物オイルです。
※肌や髪に塗るオイルについてはコチラをどうぞ
どこまで理解していますか?美容のスーパーアイテム「オイル」のすごい効果と使い方!

オメガ3とは
必須脂肪酸の一つで、DHAやEPA、αリノレン酸などの事を指し、生活習慣病予防の他にも、シワやたるみの予防やアンチエイジングの効果が知られています。酸化しやすく、加熱調理には向かないオイルです。亜麻仁油やえごま油に豊富に含まれています。
オメガ9とは
主にオレイン酸です。オメガ3と同様の生活習慣病の予防に加え、脂質の代謝を上げる効果があり、ダイエットを効果的にしてくれます。また、加熱しても酸化しにくいので、料理にも取り入れ易いオイルです。オリーブオイル、アーモンドオイル、アボカドオイルに豊富に含まれています。

ちなみに、不飽和脂肪酸の中にはオメガ6もあり、サラダ油やマヨネーズ、ごま油などに多く含まれ、過剰摂取すると血液を固くしたり、アレルギーや花粉症の促進につながります。つまり美容オイルではありません。しかし、オメガ6は必須脂肪酸で、体には必要な成分です。そのため、オメガ3を多く含むオイルの一部をオメガ6やオメガ9を多く含むオイルに置き換えて、バランスよく摂取することが、効果を得るためのポイントです。

どうして継続しないと効果がないのか

これはオイルにとどまらない話ですが、体質や肌質を改善しようとした場合、オイルは決して薬ではありませんので、2-3日では効果は分かりません。また、週末だけオイルを摂っても十分な継続とは言えません。

サプリメントや化粧品なども同じですが、最低でも3ヶ月程度は、ほぼ毎日継続して「身体に合っているのか」「変化は出てきたのか」「継続に無理な点はないか」を少しずつ見ていくのが大切です。

もし1週間継続して効果がなくても、それは体調が悪かったからかもしれませんし、外食の多い週だったからかもしれません。でも、3ヶ月経って、それでも全く効果がない場合は「身体に合っていなかった」と自信を持って判断できますよね。

まずは、これと決めたオイルを3ヶ月間試してみましょう。そして、3ヶ月で良い兆しが見えてきたら、次は季節による体調の変化もあると思いますので、半年、1年というスパンで「身体に合っているか」「納得の効果が出てきたか」を見ていくようにしましょう。

継続しやすいオイルの選び方

継続と言っても、人間そんな簡単に続けることはできません。でも、ちょっとの工夫で継続ができるのです。

自分の好みに合う香り&味を

お皿に注がれたオイル

どんなに身体や肌に良くても、美味しくないと続きませんよね。オイルにも様々な種類があります。香りはもちろん、オイルの重たさ(粘度)にも好みがあると思いますので、できたら、テイスティングしてから購入するのがおすすめです。
おすすめのオイルとその味や香りは、このあと、紹介します。

可愛いボトルデザイン♡

いろいろなデザインのボトル

継続をするなら、キッチンや食卓に置いて、かわいいデザインやオシャレなボトルのほうが、毎日手を伸ばしたくなりますよね。これは化粧品や文房具をパケ買いするのと同じ心理です。
継続できるだけではなく、わくわくしながら美容オイルを楽しむ方が、何倍も美容効果はあります。ぜひお気に入りのボトルデザインを見つけてみてください。

飲む美容オイルベスト5はコレ!

色々なオイルの種類があり過ぎて選べない!という方の参考に、おすすめオイルベスト5を紹介します。効果もはちろん、味や香りも参考にしてください。(同じオイルでも、精製方法によって香りや味は異なります。)

なんといっても「オリーブオイル」が取り入れ易い

オリーブオイルは熱に強いので、料理やお菓子作り、何にでも使いやすく、種類も豊富なため、選ぶのも楽しいです。

トレア純粋オリーブオイル 巧み 136g(150ml)

トレア純粋オリーブオイル 巧み 136g(150ml)

864円(税込)

特別な製法で無色・無味・無臭にしていて、さらりとしていて使いやすい。もちろんオメガ9は豊富なまま。和の食材ともマッチします。

詳しくみる
美容効果抗酸化作用、ダイエット(満腹感の継続)、便秘解消、肌荒れの鎮静、白髪予防
香り青々しい香り
少しの苦み、フルーティー(産地による)
注意点低温圧搾抽出(コールドプレス)されているものを選びましょう。酸化しておらず、オメガ9やビタミンなどの栄養素が豊富なまま。

ブームの火付け役!「ココナッツオイル」

BIO PLANETE 有機ココナッツオイル

BIO PLANETE 有機ココナッツオイル

1,938円(税込)

ココナッツオイルの効果が気になるけどココナッツの香りが苦手…というあなたには、無香タイプで解決。

詳しくみる
美容効果脂肪燃焼、抗酸化作用、便秘解消、シワ・肌荒れ予防、冷え性改善
香りココナッツ独特の香り
味はほとんどしない
粘度24℃以下では固形。そのため、温かい飲み物に入れたり、料理、お菓子作りに向いている。
注意点「エクストラバージン」ココナッツオイルを選ぶようにしましょう。ダイエットや美容に必要な中鎖脂肪酸やビタミンが、抽出の際に損なわれずそのまま残っている品質の良いものです。

独特の香りが病みつきに♡亜麻仁油

独特の香り味ですが、さらりと使いやすく、慣れると病みつきになるオイルです。

紅花食品 有機亜麻仁油 100g

紅花食品 有機亜麻仁油 100g

990円(税込)

低温圧搾一番搾りでオメガ3を豊富に含んでいます。

詳しくみる
美容効果くすみ、シワ、たるみの防止、乾燥肌の改善、ダイエット、冷え性改善、女性ホルモンのサポート
香り穀物の様な香り
さっぱりとフルーティー(産地による)
注意点とにかく酸化しやすいので、必ず生で食すこと。

えごま油

オメガ3が約60%以上含まれていてアンチエイジングに一役買ってくれるオイル。効果は亜麻仁油と似ているので、味や香りの好みで選ぶのもいいですね。

毎日えごまオイル

毎日えごまオイル

1500円(税抜)

酸化しやすいえごま油だからこその使い切りパック。これならお弁当や外食の時にでもさっと使えます。

詳しくみる
美容効果くすみ、シワ、たるみの防止、ダイエット、冷え性改善
香り木の実の様な香り
特徴的な味はない
注意点とにかく酸化しやすいので、必ず生で食すこと。

アボカドオイル

70%近くのオメガ9を含み、オイルの中でもアレルギーの最も少ないので安心です。ビタミンEはオリーブオイルの2倍なので酸化しづらいのも特徴。炒め物に使ってもOK。

オリバード エキストラバージン アボカドオイル

オリバード エキストラバージン アボカドオイル

2,000円(税抜)

低温圧搾製法。コレステロールやトランス脂肪酸0のオイルで安心です。

詳しくみる
美容効果便秘解消、抗酸化作用、くすみ、シワ、たるみの防止、皮膚の新陳代謝アップ、月経不順・生理痛改善
香りほぼなし
ほぼなし
注意点酸化しづらいとはいえ、しっかりと冷暗所での保存が必須。

効果的な摂り方

オメガ3系のオイルは非加熱で

先述したとおり、オメガ3は酸化しやすいため、サラダ、ヨーグルト、飲み物に混ぜるのがおすすめです。炒めもの等に使っても、その効果はほとんどなくなってしまうので注意が必要です。

相乗効果を狙う

組み合わせによってはより効果的に摂ることができます。

コーヒー&ココナッツオイル

oil-beauty-drink04

画像元:by-s.me

朝のコーヒーに必ずスプーン1杯のココナッツオイルを入れて飲むようにすると、コーヒーとココナッツオイルのダブル脂肪燃焼効果がダイエットの強い味方に。実際に効果を実感したという声も多いです。しかもココナッツフレーバーのコーヒーは朝から豊かな気持ちになれるのでおすすめです。

グリーンスムージー&えごま油

oil-beauty-drink05

いわずとも健康的なグリーンスムージー。ここに小さじ一杯のえごま油を加えれば最強アンチエイジングドリンクに。冷たいので、えごまの香りは気になりません。

アイスクリーム&オリーブオイル

oil-beauty-drink06

画像元:Ranking Share

意外な組み合わせですが、オリーブオイルが、アイスクリームの糖の吸収を緩やかにしてくれるので、ダイエット中に甘いものを食べたくなった時におすすめです。少し塩を振るとおいしいですよ。

豆腐&亜麻仁油

oil-beauty-drink07

画像元:ちょら暮らし

大豆イソフラボンと亜麻仁油の女性ホルモンサポートの力で、女性らしい身体に導いてくれます。かけるだけだから簡単!

1ヶ月以内で使いきれる量を買い、酸化しないように保存

オメガ3を多く含むオイルは、酸化しやすく、酸化するとトランス脂肪酸になり、体に悪影響を及ぼします。また、光にも弱く品質が落ちやすいので、なるべく冷蔵庫などの冷暗所に保存しましょう。

また、開封直後から酸化は始まりますので、1ヶ月以内に食べきれるような量のオイルを購入しましょう。一日当たりの摂取目安量が小さじ1杯(4g)とすると、1ヶ月約120gのオイルで十分です。なるべく小瓶のものがおすすめです。

ちょっとの工夫でカンタン継続!

いかがでしょうか。再び飲む美容オイルを始めたくなりましたか?次は、継続するためにいくつか工夫をして、3ヶ月後、あなたに最適な運命のオイルと巡り合いましょう!

記事のURLとタイトルをコピー
もっと効果的にキレイに!オイルを飲んで体の内側からエイジングケア

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
野菜くず(ヘタ・皮)を捨てずに再利用!栄養満点のベジブロスでアンチエイジング
和漢植物エキスの美容効果がすごい!おすすめの和漢コスメも♪
オイルの美容・健康効果をおいしく摂れるオイルおにぎりの作り方
体内を洗浄!?短期間で効果を出す”ジュースクレンズ”のやり方と口コミまとめ
どれを選べばいいの?手軽にコラーゲンを補給する美容食品の選び方
美容食品のマイケル・ジャクソン?!美肌に良い「麹」の話
食べて痩せたいあなたへ♡良質なカロリーを摂取する肉食ダイエットのススメ
ダイエットだけじゃないの?プチ断食はアンチエイジングにも効果的