2016.05.27更新 sorasora

今年こそ浴衣の着付けに挑戦!自分流の着こなしで、浴衣姿をもっと魅力的に

今年こそ浴衣の着付けに挑戦!自分流の着こなしで、浴衣姿をもっと魅力的に
記事のURLとタイトルをコピー

これからの季節、お祭りや花火大会など浴衣を着る機会が増えますね。

浴衣をまだ自分で着たことがない…。という方、今年は自分で着てみませんか?
初めてでもステキに着ることができるよう、浴衣の選び方から着付け、ヘアアレンジなどをお伝えします。

この夏は、自分で浴衣を着て浴衣の魅力をもっと満喫してみませんか?

自分で浴衣を着る前にそろえておくもの

まず浴衣を着る前に、必要なものを一通りそろえておきましょう。

以下に必要なものをのせておきました。
チェックしながら用意をしてみてくださいね。

  • 浴衣
  • 帯周りの小物
    帯の結び方や帯の種類により、小物が必要になることがあります。
  • 下着
    普段の下着でかまいませんが、ブラジャーはワイヤーのないものがおすすめです。
  • 肌着
    専用のものもありますが、普通のキャミソールなどでも構いません。
  • ひも
    着付け用に。
    2〜3本必要です。
  • コーリンベルト
    yukata-kikonasi01

    胸ひもの代わりになります。
    衿もとの着崩れを防ぐことができるためあると便利です。

  • タオル
    体型補正に使います。
    必要に応じて用意してください。
  • 伊達締め
    マジックテープ式のものがおすすめです。
  • 下駄
    最近はサンダルを下駄代わりに履く方もいますね。
  • バック
  • ヘアアクセサリ
    当日のヘアスタイルを決めてから選びましょう。

自分にぴったりな浴衣選びのコツ

浴衣を着る際に最も重要なのが「浴衣選び」。でも、いったいどんな浴衣を選ぶと良いのでしょうか?

今はいろいろな種類の浴衣があるので余計に迷いますよね。そこで、あなたに似合う浴衣を選ぶコツをお伝えします。

テイストで選ぶ

浴衣を選ぶとき、まず誰もが気にするのが浴衣の柄。
自分好みの柄や色を優先して浴衣を選ぶという方も多いですよね。

浴衣の柄には主に4つのテイストがあります。
大まかなテイストを把握しておき、どのテイストのものを購入するかある程度決めておくと、スムーズに購入できますよ。

  • フェミニン
    yukata-kikonasi02

    パステル調の淡い色で、女の子らしい印象なのがフェミニン系の浴衣。

    最近はレースなどがあしらわれているものもあります。
    女の子らしい服装が好きな方におすすめです。

  • クラッシック
    yukata-kikonasi03

    着物の地と柄の色が、藍色と白の組み合わせのものがクラシック系の浴衣です。
    着る人を選ばず上品に見えますよ。

  • クール
    yukata-kikonasi04

    粋でかっこいい印象なのがクール系の浴衣。

    特に縦じま柄はスリム効果もアップし、スタイルよく見えます。

  • 個性派
    yukata-kikonasi05

    普段からおしゃれにこだわっている方なら個性派浴衣がおすすめです。
    大胆な幾何学模様や浴衣らしくない柄など、個性を主張してみてくださいね。

体型で選ぶ

浴衣は体型によって選ぶ柄を変えると、よりステキに着こなすことができます。
体型を意識したい方は、以下のことを参考に選んでみてくださいね。

背が高い方は

yukata-kikonasi06

大きい柄やゆったりと配置された柄は、背が高い方にピッタリです。
帯はやや下側に締め、二重に巻いた帯を上下に少しずらして幅を太くするとバランスが良くなりますよ。

背が低い方は

yukata-kikonasi07

にぎやかな色や小さい柄のものを選ぶと背の低さをカバーしてくれます。
逆に大きな柄や幾何学模様は避けたほうがよさそう。

帯は浴衣と同系色のものにし、やや高めの位置で締め縦のラインを強調させましょう。

ぽっちゃりさんは

yukata-kikonasi08

縦ラインを強調する柄が、すっきりと見えておすすめです。

ストライプだけではなく、お花が縦に並んだような柄でもスリム効果が期待できますよ。

ほっそりさんは

yukata-kikonasi09

浴衣はあまり細すぎないほうが、ステキに着こなすことができます。
そのためほっそりした体型の方は、淡い色合いのものを選びふっくらと見せることがおすすめです。

帯もボリュームのあるもののほうがいいですね。

髪や肌の色で選ぶ

浴衣の色選びに迷ったときは、髪や肌の色で選ぶと失敗せずに選ぶことができますよ。

黒髪の方は

yukata-kikonasi10

薄い色の生地の浴衣を選ぶと涼しげに見えおすすめです。

明るい髪の色の方は

yukata-kikonasi11

濃い色の浴衣を着ても、暑苦しく見えないメリットがあります。
挑戦してみてはいかがでしょうか?

色白の方は

yukata-kikonasi12

濃い色の浴衣だと、うなじの白さが際立ち色っぽく見えますよ。

日焼け肌の方は

yukata-kikonasi13

白地やビタミンカラーがおすすめです。
あいまいな色は、肌の色をがくすんで見えてしまうので避けたほうが良いかもしれません。

浴衣を着てみましょう

必要なものをそろえたら、浴衣を着てみましょう。

浴衣を着る前に、ヘアメイクは済ませておいてくださいね。

  1. 必要なものを取りやすいように、いすなどの上に置いておく。
    yukata-kikonasi14

    浴衣を着ている最中は、しゃがんだり手を伸ばしたりしにくいもの。
    そこで、使う道具はすべて手の届く範囲に置いておきましょう。

  2. 下着や肌着を着ます。
  3. 必要に応じて補正を行います。
    yukata-kikonasi15

    胸やヒップが大きくウェストとの差が大きい場合は行ったほうがきれいに見えます。

    タオルをウェストに巻き、腰ひもで固定させて補正しましょう。

  4. 浴衣を羽織ったら、体の前、中央で左右のかけえりとえり先をそろえて前にひき、後ろの縫い目が背中の中央にくるように調整します。
    背中の腰のあたりの真ん中をつまみ、裾がくるぶしくらいの高さになるように上げます。

    yukata-kikonasi16

  5. 前に引っ張りながら後ろの手を離すと、裾の丈が決まります。

    yukata-kikonasi17

  6. 両手で両方のえりのはじを持ち、右手側を左のわきにもっていきます。
    このとき、背中の中心がずれないように注意します。
    裾のはじが10cmくらい上がるように重ねましょう。

    yukata-kikonasi18

  7. 次に左手側を前に持っていきます。
    たるまないように気を付けて合わせましょう。

    yukata-kikonasi19

  8. 腰ひもを巻きます。

    yukata-kikonasi20

  9. ひもをそのまま水平に後ろへ回して交差させ、きゅっと引きます。
    ここが緩くなってしまうと着崩れの原因となるので注意しましょう。

    yukata-kikonasi21

  10. 前でひもを縛り、余ったひものはじはほどけないようにひもに挟んでおきます。 

    yukata-kikonasi22

  11. 両わきの「身八つ口」から手を入れ、「おはしょり」の底に指をあてて、中央からわきに向かってならします。
    後ろ側も同様に整えましょう。

    yukata-kikonasi23

  12.  

  13. 体の中央で左右のえりを揃えて片手でもちます。
    もう一方の手で背の縫い目をつまんで下にひき、後ろえりを下げて、うなじのところの「衣紋」の隙間を作ります。
  14. 左手を「身八ツ口」に入れて下前のえりを持ち、右手で上前のえりをもって左右にひきえりを合わせます。
    このとき衣紋がずれないように気をつけましょう。

    yukata-kikonasi24

  15. 胸ひも、またはコーリンベルトをアンダーバストより少し下の位置で締めます。
    コーリンベルトは、ベルトのはしを左の身八ツ口から入れて、下前のえりに挟み、逆側は上前のはじを挟むようにします。

    コーリンベルトのほうが着崩れ防止になるためおすすめです。

    yukata-kikonasi25

  16. 全体的にしわを伸ばして整えます。

    yukata-kikonasi26

  17. 伊達じめをしめます。
    マジックテープのものが簡単なのでおすすめです。

    yukata-kikonasi27

  18. 全体の形を整えたら出来上がりです。

着終わったら、以下のポイントをチェックしてみてくださいね。

  • 袖の長さが左右対称になっているか
  • 裾の長さはくるぶしが隠れるくらいの長さになっているか
  • 下前が裾からはみ出していないか
  • 衣紋の抜き具合は適切か
  • おはしょりの底は水平か
  • ひもが食い込んで痛くないか

こちらの動画を見ると、浴衣の着方がさらにわかりやすいですよ。

帯を結ぶ

浴衣を完成させる、大事な役割を担うのが「」です。帯の印象で、浴衣の印象ががらりと変わることも。

素材や色、種類もそうですが、結び方でも印象が変わります。

まずは基本をマスター

まずは、基本の半幅帯を使った結び方をマスターしましょう。

  • 文庫結び
    yukata-kikonasi28

    基本的な結び方です。
    どんな浴衣にも合いますし、簡単なので、始めて浴衣を着るときはまずこの結び方をマスターしてくださいね。

    結び方の動画

  • 花文庫

    リボンのようにかわいらしい形の花文庫。女の子らしい浴衣を着たときにおすすめです。

    文庫結びをマスターしたら、次は花文庫にチャレンジしてみてはいかがですか?

    結び方の動画

  • 一文字結び
    yukata-kikonasi30

    きりっとした印象の一文字結びは、シンプルで粋な浴衣にピッタリの結び方です。

    結び方の動画

  • 貝の口結び
    yukata-kikonasi31

    この結び方は、もともと男性の帯の結び方。
    シンプルで大人っぽい印象の浴衣に合いますよ。

    結び方はこちら

へこ帯を使って

ぶきっちょでなかなか帯を結ぶのがうまくいかないという方は、へこ帯がおすすめです。へこ帯は柔らかいので扱いやすいですし、ただリボン結びをするだけでもかわいくできます。

アレンジの仕方も自由自在なので、いろいろアレンジしたい上級者さんにもおすすめですよ。

ふわふわした印象の帯なので、フェミニンスタイルによく合います。

  • 蝶結び
    シンプルに蝶結びをするだけでもかわいらしい印象になります。

    yukata-kikonasi33

  • アレンジして
    こんなお花のようなアレンジも、兵児帯ならでは。
    輪ゴムを使うと簡単にできちゃいます。
    yukata-kikonasi34

 
2枚の兵児帯を組み合わせると、さらにステキなアレンジができます。

yukata-kikonasi32

浴衣スタイルにピッタリなヘアアレンジ

浴衣を着たときは、ヘアアレンジにもこだわりたいですよね。

そこで、浴衣姿が引き立つ簡単でおしゃれなアレンジをご紹介します。

ショートカットのアレンジ

yukata-kikonasi35

ねじってとめるだけの簡単アレンジなので、ぶきっちょさんでもできますね。
ピンのデザインにこだわって、個性を出してみては?

ミディアムヘアのアレンジ

yukata-kikonasi36

サイドを緩く編み込みして、後ろでおだんごにまとめたスタイル。ルーズにまとめるのがかわいくするポイントです。
ヘアアクセサリをつけてもかわいいですね。編み込みをきっちりしなくても大丈夫なので、意外と簡単にできますよ。

ミディアムだと髪をまとめるのが難しく、うなじが隠れてしまいがちですが、これならうなじをすっきりと見せることができより女らしさが引き立ちますね。

ロングヘアのアレンジ

yukata-kikonasi37

見た目は華やかなのに、実はとっても簡単なアレンジです。
二つに縛って三つ編みをし、編み目をところどころ引き出したら、ピンで固定するだけ。
三つ編みさえできれば誰でもできるアレンジです。

yukata-kikonasi38

浴衣のヘアアレンジは、三つ編みや編み込みを使うと、それだけで様になります。
下に基本の編みこみのやり方をのせておきましたので、髪型に迷ったらチャレンジしてみてくださいね。

表編み込みのやり方

裏編み込みのやり方

浴衣を着こなして、夏のイベントを楽しんで

浴衣を着ると、それだけで女性の魅力が何割増しにもアップします。
しかも自分で着ることができれば、着こなしも自分流にでき、さらに浴衣の良さを引き出すことができますね。

今年の夏のイベントは、誰よりも輝く浴衣姿で楽しんでくださいね。
 

記事のURLとタイトルをコピー
今年こそ浴衣の着付けに挑戦!自分流の着こなしで、浴衣姿をもっと魅力的に

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
秋冬の子連れ旅行は北海道に決まり!おすすめスポットとプランニングのコツをご紹介
加齢と共に骨密度は衰える!骨粗しょう症予備軍になってませんか?
育児休暇後の復職が不安…。そんなママに知っておいてほしいこと
疲れ目は若さを奪う!?キレイな人はこっそりやっている瞳のエイジングケア
雪焼けを防ぐUV対策&ケア方法!冬こそ日焼けに注意しよう
温泉で疲れを癒しながら美肌に!ニキビや乾燥肌を改善する泉質をご紹介
頑張るママ必見!ベビーシッターを上手に利用するためのポイント
我が家の子どもたちもぶつかった、中1を悩ます「2学期の壁」