2016.04.29更新 佳秀佳秀

おばさん化、始まってませんか?気を付けたい口癖と予防エクササイズ

おばさん化、始まってませんか?気を付けたい口癖と予防エクササイズ
記事のURLとタイトルをコピー

警察官を見た時、「若いわねー」と感じたことはありますか?
警察官を若いと思うのが、おばさん化の始まりだそうです。

高校球児が子どもっぽく見えたら、「おばさん確定」まちがいなし。

おばさん確定なんてイヤ!のあなたに。
まだ若いけど、おばさん化を予防したいあなたに。
おばさんの傾向と対策をご案内します。

さらに決定打!「おばさんを消し去るエクササイズ」もご案内。

すべてを読み終えたとき、あなたからおばさんは消滅するでしょう。
「消滅するでしょう」であって、「ぜったい消滅する!」とは、言い切れませんが・・・。

1. 「おばさん化」の初期から確定まで

まず、「女性がどのようにおばさん化するか」の経過を検証します。

女性は皆、ある日突然「おばさん化」するわけではありません。
若い女性がおばさんになっていくまで、いくつかの段階があるのです。

1. ごく初期の「おばさん化」

警察官を見かけたとき、「若いわねー」と感じるのが、おばさん化のスタートラインです。

女子高生のころは、警察官をお兄さんやお父さんの世代だと思っていたのに。

警察官が芸能人でも、アニメキャラでも、まったく同じことです。

若いときは、20代のタレントが「お兄さん」に見えます。
おばさん化が進行すると、20代のタレントが幼く子供っぽく見えてくるのです。

old-lady-favorite-phrase01

2. 中期の「おばさん化」

警察官を若いと思う回数が増えます。30代の警察官を見ても「若い」と思うようになります。

この時期は40代の警察官を見かけると「自分と同じ年代の警察官だわ」。

3.最終段階の「おばさん化」

どの警察官も「若い」と思うようになったら、かなりおばさん化が進行しています。

その頃には警察官に限らず、日常生活で出会う人の大半が「若いわねー」。

  • すべての警察官が「若い人」に見える。
  • 高校球児を見て「ほんの子供だわ」と思える。

この2つが揃ったら、おばさん化は最終段階といえるでしょう。

2. おばさん化が完了すると、口癖がこうなる?!

おばさん化の最終段階を経て100%完成したおばさんは、おばさん独特の口癖を発するようになります。

代表的な口癖は「私たちの世代は…」「もう年だから」「若い子には勝てないわ」
立ったり座ったりする時に、「よっこらしょ」「どっこいしょ」。

一般的には、これらの口癖を言わなければ、おばさん化は進行しないと考えられています。

しかし本当に「おばさん特有の口癖さえ言わなければ、おばさんではない」のでしょうか?

次の項目で、16歳の少女が言った「よっこらしょ」を検証します。

16歳の「よっこらしょ!」は、可愛い

あるテレビドラマに、16歳の少女歌手が自動車に乗り込むシーンがあります。
元気よく明るく笑顔で「よいっしょ!」と言いながら、座席に腰を下ろすのです。

この「よいっしょ!」が、とても文字では伝えきれない、実に可愛らしい声と口調。
彼女でなければ演じられない、名シーンとなりました。

old-lady-favorite-phrase02

少女の「よいっしょ!」も、おばさんの「よっこらしょ」も、言ってることは同じ。
なのに何故か、それを聞いた人の印象が違うのです。

本当に気をつけないといけないのは、「おばさん特有の口癖」ではなく、もっと別のことかもしれません。

気にならない口癖、嫌がられる口癖

口癖には2種類あります。
「また言ってるよ」で笑ってすむものと、周囲が沈黙するほどヤな雰囲気になる口癖です。

さらに、イヤがられる口癖は2種類に分類されます。

  • 言葉そのものが、不吉だったり、不潔感があったり、不快なものである。
    どういう言い方であっても、聞きたくない言葉である。
  • 言葉は不吉でも不潔でもないが、言葉の言い方や、言った理由が不快なものである。
    なにげない言葉だが、「この状況で言うか普通・・・」のケース。

おばさんの「若い子には勝てないわ」「よっこらしょ」などは、不吉用語でも不潔用語でもない。
たぶんですが、別の何かがあるのです。

3. おばさんだけじゃない?!「今どきの若い人は」

「今どきの若い人は」を言い出したら、おばさんだ。という説もあります。

しかしこれは、おばさん特有の口癖ではありません。地球人類すべての口癖です。

古代エジプトの遺跡に「最近の若者はまったくもう」と書いてあります。古代メソポタミアの遺跡にも、同じようなことが書いてあるそうです。
他にも古代ローマ、古代中国など、世界中の遺跡に「まったく最近の若者は・・・」が書いてあります。

old-lady-favorite-phrase03

「今どきの若い人は」を言ったら、おばさんだ。

そう決めてしまうと「人類すべてがおばさん」ということになってしまうのです!

ここまでおばさん化の経過と、おばさん特有の口癖を検証しました。
次はお待たせ、あなたの中のおばさんを削除するエクササイズです。

4. おばさんを消し去るエクササイズ

あなたの中のおばさんを消し去り、未来永劫、忘れ去るためのエクササイズです。
「初級」「上級」の2種類あります。お好みでどうぞ。

1. 誰でもできる「初級」

誰でもできる超カンタンな「おばさん予防法」です。

朝起きたら、鏡を見ます。
鏡の中の自分に向かって、スマイル。

これを毎朝の習慣にします。

スマイルするときは、光や花や晴天や、明るいものに囲まれた少女の気分で。
今の自分は少女ではない。そのことはいったん頭からぬいてください。

old-lady-favorite-phrase04

昨日、面白くないことがあった。今日はなんだか気分がすぐれない。
そういう時でも、毎日欠かさず続けてください。

約1ヶ月後、あなたの気持ちとカラダが変わっているはずです。
早い人なら数日とか数週間で、何か起きるかもしれない。

2. 気合と度胸の「上級」

初級は物足りない。なんかこう、どかーんと大きな変化が起きる方法が良い!
そうお思いのあなたに、より強力な「おばさん削除法」です。

おばさんを予防するというより、一挙に削除できます。ただし人によっては、多少の気合と、度胸が要るかもしれません。

時間帯は、朝が良いと思います。
忘れず毎日続けられるのであれば、昼でも夜でも、いつでもかまいません。

鏡に向かって立ちます。
洗面所の小さな鏡でも良いですが、自分の全身を見られる姿見がベストです。

鏡の中の自分をまっすぐ見て、声に出して言ってください。

「私は若く、美しく、強い!」

それから、鏡の中の自分に向かって、スマイル。

おばさんを消し去るエクササイズは、以上です。

5. 「キレイなおば様」には、進化がある!

この「おばさんを消し去るエクササイズ」。
初級と上級と2種類ありますが「ホントに効くの?」と考え込む女性が多いことと思います。

そこで、解説です。

このエクササイズをやったら、おばさんにならない。
このエクササイズをやらない人は、おばさんになる。

というのとは、ちょっと違うのです。

情報に反応する女性、反応しない女性

おばさん化しないために、鏡の中の自分に向かって「私は若く、美しく、強い!」と言って、スマイルしましょう!

こういう美容情報とか、健康情報とか、アドバイスとか・・・なんらかの情報を見かけたとき、女性の反応は2種類に分かれます。

  • 「やろうかな?やらないほうがいいかな?」と考えこむ女性。
  • 「やろうかな」も何もない、全くの無反応の女性

たぶん「やろうかな?」と考えこむ女性の方が、「キレイなおば様」になりやすいです。

情報に反応しない女性が、ヤなおばさんになる?!

情報に無反応・無関心の女性は、誰かが目の前にチャンスを差し出しても、受け取りません。

ある日、白馬に乗った王子さまがやってきて「これが永久に若く美しくいられるエクササイズだよ」と教えたとしても、無視。

old-lady-favorite-phrase05

「どーせ私はおばさんよ。もう年だし、若くないし・・・」と、ふてくされる可能性すらある。現状から前進しようとか、チャレンジしようとかがないのです。

人間は何もしなければ、老化して老け込みます。水を流すと低いところへ向かって流れていく、それと同じです。

努力もなく、トライもなく、チャレンジもない。それで日々若々しくキレイなおば様になっていくのは・・・かなり難しいでしょう。

「キレイなおば様」になりやすい女性は?

「おばさんを消し去るエクササイズ」を、やろうかどうしようか、迷った人。もしかするかもしれないから、トライしよう!と決断した人。

このタイプの女性は、日常生活で「自分を向上させるもの」を見つけるたびにトライします。

old-lady-favorite-phrase06

日々新しく進化し、学び続けて、老いることはない。歳月で老いるのではなく、歳月によって身も心も磨かれ、より向上する女性です。

「このエクササイズ、私には合わないわ」と感じても、ふてくされない。「もっと良い方法はないかしら」と、別の美容法や健康法を探し続けることでしょう。

こういうタイプは、白馬の王子さまを待たず、自ら考え行動し、日々美しくなっていきます。
白馬の王子さまが「君に教えるべきことは何もない」と、言ってくれるかもしれません。

ちょっとネット検索しただけで、膨大な情報が手に入る現代。世界は「女性を若く・美しく・強くするもの」「女性を向上させるもの」であふれています。

女性を向上させるものに目を向け、進化し、成長し続ける自分。
そこには老いや、いじけた雰囲気のヤなおばさんは存在しません。向上し前進する一人の人間がいるだけです。

old-lady-favorite-phrase07

一方、ふてくされて何もせず「年だからさー、若い人はさー」と言い続けて、生涯を終える自分。そこにあるのは停滞ではない、おそらく後退です。

前進し続ける生涯。後退してゆく生涯。どちらの女性になるか。
選ぶのは、あなた自身です。

記事のURLとタイトルをコピー
おばさん化、始まってませんか?気を付けたい口癖と予防エクササイズ

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
ストレス?食事?肌荒れになりやすい生活習慣と改善すべき食生活
子どもも安全に使えるおすすめネイルアイテムと使用時の注意点
生理中の不調を解決?自然と体に優しい布ナプキンの使い方・手作り方法
私立と公立学校どっちがいいの?違いやメリット・デメリットを徹底調査!
ほうれい線のできやすい人・できにくい人の習慣
春、つらい季節…妊娠中&妊活中に花粉症の薬って飲んでいいの?
これで寒い朝も怖くない!起きられない朝に効く方法
夜泣きも止まる?赤ちゃんを泣き止ませる音・音楽・アプリをご紹介♪