2016.01.31更新 sorasora

顔にできたシミ・そばかすをキレイにするための洗顔術

顔にできたシミ・そばかすをキレイにするための洗顔術

髪型や服装に気をつかって若々しく見せようとしても、顔にできたシミのせいで老けた印象になってしまうのが悩みどころ。女性ならやっぱり、綺麗なたまご肌を目指したいですよね。そんなシミやそばかすが、実は毎日の洗顔で解消できるってご存じでしたか?今回は、シミやそばかすに効く洗顔術をお伝えしましょう。

sora
sora

こんにちは!ライターのsoraです。以前は教育関連の仕事をしていました。子育てや仕事の経験を生かしつつ、少しでも皆さんのお役に立てる記事が書けたらと思っています。よろしくお願いします♪

Like:活字(活字を読むと心が落ち着きます笑)

記事のURLとタイトルをコピー

シミの原因は、誤った洗顔法によるものってホントなの?

頭を抱えている女性

Image by Lisa Chernyshova

シミの原因にはいくつかありますが、誤った洗顔法のせいでシミができることもあるのです。
洗顔は毎日行うものです。そのため、当たり前のことすぎて正しい洗顔法を知らない方も実は多いのです。

でも、毎日当たり前に行っていることがシミの原因かもしれないなんて、ショックですよね。

では誤った洗顔法ってどんなものなのでしょうか?
皆さんの洗顔法は大丈夫か、思い起こしながら見てみてくださいね。

誤った洗顔法その1 汚れを落としきれていない

洗顔で大切なのは、特に夜の洗顔です。肌は、夜寝ている間にターンオーバーします。そのため寝る前に、一日のメイク汚れや皮脂汚れを完全に落としきることが大切なのです。

しかし、疲れていると夜の洗顔はおろそかになりがち。
洗わずにそのまま寝てしまうということも、ときにはあるかもしれません。

でも、実はその残った汚れがシミの原因に…。
肌に残った汚れは酸化し、くすみの元に。そしてそれがやがてシミへと変化してしまうのです。

汚れを落としきることは、洗顔において重要なポイントの一つなのです。

誤った洗顔法その2 ゴシゴシこする

洗顔で、汚れを落としきることは大切なことなのですが、そのためにゴシゴシこすって洗っている方はいませんか?実はこれも、シミの原因になります。

ゴシゴシとこすることで肌を刺激してしまい、それがシミの原因になってしまうことがあるのです。でも、こすらずに汚れを落としきるってどうしたらいいの?…と思った方、ご安心ください。

これからシミを防ぐ正しい洗顔術をお教えしましょう。

基本的な正しい洗い方はこれ!

両ほほに手を乗せて目を閉じている女性

まずは、基本的な正しい洗顔法をマスターしましょう。

先ほどもお伝えしたように、洗顔によってシミができてしまうのは、汚れが落とし切れていないことと、こすりすぎることが原因でした。このことからもわかるとおり、正しい洗顔の基本は、「汚れをしっかり落とすこと」「優しく洗うこと」この2つです。

では実際の手順をお伝えしていきましょう。

1. クレンジングで油性汚れをしっかり落とす

まずは、クレンジングでしっかりと油性汚れを落としきりましょう。
油性汚れとは、メイクや、酸化した皮脂のことです。

メイクも落とせるタイプの洗顔料を使っている方も多いと思いますが、実はこれではしっかりと汚れが落とし切れていないのです。
汚れには、水性のタイプと油性のタイプがあります。その両方を一つの洗顔料で落とすことは大変難しいことなのです。

汚れをしっかり落とすためには通常の洗顔の前にクレンジングを行って、油性の汚れをしっかり落とすことが必要不可欠です。メイクをしていない場合でも油性の汚れはありますので、洗顔前のクレンジングはできるだけ行った方が良いでしょう。

シミ・そばかす対策には、しっかりメイク汚れを落とすことができる、オイルクレンジングがおすすめです。

クレンジングの量は少し多めで。
これを、顔につける前に手のひらで温めましょう。
こうすることでより汚れが落としやすくなります。

顔にクレンジング剤をつけたら、丁寧に、こすらずに優しくマッサージします。
円を描くようにくるくると。

メイクが浮いたらぬるま湯で優しく洗い流しましょう。

2. 洗顔料で水性汚れを落とす

次に洗顔料で水性汚れを落としましょう。洗顔料は、合成界面活性剤や防腐剤など、余計な成分がなるべく含まれていないものを選びましょう。

30代からの肌のトラブルも同時に考えるのであれば、↓のような石鹸もおすすめです。固形石鹸としては少々高いですが、初回は60%引きで買える上に全額返金保証も付いています。

沖縄くちゃ石鹸「しまぬくくる」

沖縄くちゃ石鹸「しまぬくくる」

6,108円 2,444円

沖縄のごく一部でしか採れない「くちゃ」をはじめ、肌にうれしい天然成分が配合された洗顔用石けん。

詳しくみる

洗顔をする前に重要なのが、洗顔料をしっかりと泡立てること。しっかりと泡立てることで、洗浄効果も上がりますし、泡が肌への刺激を減らしてくれるためです。

指で肌をこすると言うより、泡で肌をなでるというイメージで洗うと良いでしょう。

すすぎはぬるま湯でしっかりと行います。

洗顔後はキレイなタオルで優しく水分を拭き取ります。

この基本の洗い方をマスターするだけでも、かなり肌の状態は良くなるはずです。
でも、普段からこのように洗顔しているけどなかなか効果が出ないという方もいますよね?

次に、そんな方のためのわざありな洗顔法をお伝えしていきましょう。

美白や老化防止も期待できる!?はちみつ洗顔

スプーンから溢れお皿を満たしていくハチミツ

はちみつで洗顔?なんだかべたべたしそう…と思われた方もいることでしょう。

でも、このはちみつの成分がしみに絶大な効果を発揮するというのです。
なぜはちみつが効果的なのでしょうか?

はちみつが美肌に効果的なわけ

はちみつに含まれている成分に、その秘密は隠されています。

はちみつにはビタミンCが豊富に含まれているのです。
ビタミンC といえば、美白にも高い効果があることで有名ですよね。また、ビタミンが豊富に含まれていることで、美白だけではなく、肌の老化防止にも一役買ってくれるのです。

さらに、はちみつには再生能力が備わっており、それがお肌の再生も促してくれるのです。

はちみつ洗顔のやり方

はちみつ洗顔には二通りのやり方があります。

洗顔フォームにはちみつをまぜて洗う方法

やり方はとっても簡単。
基本の洗顔の際、洗顔フォームにはちみつを小さじ1杯混ぜて泡立てるだけ。

顔に直接はちみつを塗る方法

クレンジングを行った後、はちみつを大さじ1杯顔に塗り、10分間そのままおいておきます。
そして、その後は基本の洗顔どおり洗い流しましょう。

どちらもお家にはちみつがあれば簡単にできますので、お試しください。

ピーリング効果が期待できる?重曹洗顔

器に入っている重曹

お掃除の時に使う重曹。これ、実はお肌の汚れ落としにも効果的なんです。

重曹洗顔の効果とは?

重曹は、お掃除でも使われることからもわかるとおり、高い洗浄効果があります。

ですからお肌に使うと、美白効果やピーリング効果が期待できるのです。
お肌に付着した皮脂などが原因で、肌がくすんでいたりシミができてしまっている方に特に効果的ですね。

ただし刺激も強いので使いすぎには要注意。
週に1度のスペシャルケアにとどめておきましょう。

重曹洗顔のやり方

まず、重曹はかならず食用で、粒の細かいのものを使用してください。あまり大きい粒はお肌を傷つける場合がるので注意しましょう。

これもやり方はとっても簡単。洗顔フォームに重曹を5gまぜて、基本通りに洗顔するのみです。

肌に刺激を感じたり、何か異常を感じた場合はすぐに中止してください。
特に、敏感肌の方は注意が必要です。

ターンオーバーを促す!呼吸洗顔法

身体全体で夕陽を感じながら、海辺で深呼吸をしている女性

これは、呼吸を意識するだけでシミに効果があるといわれている洗顔法です。

呼吸洗顔法の効果とは?

私たちは普段顔を洗うとき、ついつい息を止めてしまいがちです。
しかし、意識的に深い呼吸をしながら洗顔することで、自律神経のバランスが整い顔の筋肉がほぐれた状態になります。

そうすると、新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーが促され、シミやそばかすにも効果が期待できるのです。

でも、洗顔しながら呼吸って、難しそうですよね。

呼吸洗顔法のやり方

やり方は、洗顔の際、深くゆっくりと呼吸することを心がけるだけです。
あとは、基本の洗顔通りに優しく洗いましょう。

とくに用意するものもないので、今日からすぐに実行できますね。

自分のお肌の状態を見極めることが大切

こちらを見上げている透き通った肌の青い目の女性

いかがでしたか?

シミやソバカスに効果的な洗顔方法をお伝えしましたが、シミやソバカスの原因は人によって様々です。また、お肌の状態も様々です。

効果的な方法も人によって当然変わってきます。シミやソバカスを改善するためには、まずは自分の肌の状態をチェックすることがとても大切です。

その上で、自分に一番最適な洗顔法を試してみてくださいね。
もちろん、洗顔フォームやクレンジング剤を選ぶ際も、お肌に合ったものを選ぶことが重要です。

自分のお肌の状態を知り毎日の洗顔に手を抜かず、シミのない、たまご美肌を目指しましょう。

記事のURLとタイトルをコピー
顔にできたシミ・そばかすをキレイにするための洗顔術

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
カサカサ肌は老けて見える!乾燥肌の原因とおすすめのスキンケア方法
優艶ゴールドローション、噂の金箔入り化粧水を使ってみました
洗顔?化粧水?エステ?目立つ毛穴…いちご肌へのおすすめケアはコレだ!
洗いすぎは逆効果?乾燥肌を改善するための正しい洗顔方法をチェック
美白美容液おすすめ10選|コスメコンシェルジュが厳選したシミケアをご紹介
アイキララの口コミ「クマやシワを解決」の効果を一カ月検証!
美容液の使い方をお肌の悩み&美容成分別に徹底解説!
コンシーラーの使い方、大丈夫?クマの隠し方とおすすめアイテム♡