2016.03.01更新 カイネコカイネコ

東洋医学で肌荒れ改善!安心して使える美肌効果のある漢方まとめ

東洋医学で肌荒れ改善!安心して使える美肌効果のある漢方まとめ
記事のURLとタイトルをコピー

漢方というとどういうイメージを持たれるでしょうか?

風を引いたときに薬としてや、花粉症の症状を和らげるためなど、病気を治すために服用するものと思われている方が多いと思います。
もしくは冷え性改善、肩こり解消など、病気になる手前の不調にも漢方が効果的と言うのも有名ですよね。

しかし、なんと漢方は美肌維持にも効果があるのです。

どうして美肌に「漢方」?効果はあるの?

どうして美肌に「漢方」?効果はあるの?

美容のために漢方の効果を意識している人は多くないかもしれません。
前述の通り、身体の不調を改善するために漢方があると思うのがほとんどですが、肌荒れや出来物など、肌の不調も立派な身体の不調であることを忘れてはいけません。

五臓六腑(ごぞうろっぷ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これはもともと漢方の考え方で、五臓とは肺・心臓・肝臓・ひ臓・腎臓六腑とは胃・胆のう・小腸・大腸・膀胱 (ぼうこう) ・リンパ管を差しています。

このような言葉がある通り、漢方では内臓の働きを正常化することに重きを置いています。
そして美肌と内臓は切っても切れない密接な関係にあります。身体を健康にすることで、肌トラブルは改善することができます。
漢方でも、肌は五臓六腑の映し鏡であると考えられており、身体の働きを最大限に引き出すことで肌不調を改善する「美容漢方」という言葉があるほどです。

肌タイプ別のオススメ漢方はこちら

肌タイプ別のオススメ漢方はこちら

漢方では、不調の症状によってその人の体質をいくつかの分類に分けて、それぞれの体質にあった生薬・漢方薬を処方します。
ですので、自分の気になる肌荒れ状況から、タイプにあった漢方を選ぶのが良いでしょう。

漢方では、おおまかに言えば、気・血・水のバランスが崩れることで不調が生じると考えられています。
とは、エネルギー、活力、気力などを指します。
とは、血液やホルモン、そして血液によって運ばれる栄養のことを指します。
とは、リンパや潤いなど、血液以外の水分のことを指し、「津液」という呼び方もあります。

自分の不調が気血水のどの部分の不調からくるのか、また、それが足りないのか、多すぎるのか、状態が悪いからなのか、などにも意識してみると、より漢方を深く理解できると思います。

乾燥肌の人は『血虚タイプ』

乾燥肌の人は『血虚タイプ』

乾燥肌の人は、血が不足している「血虚(けっきょ)タイプ」に分類されます。
特に女性はこの血虚タイプが多く、出産や生理などで血が足りなくなりがちであることも考えると、乾燥肌に悩む女性が多いというのも頷けます。

血虚タイプにおすすめの漢方は、以下があります。

  • 四物湯(しもつとう)
  • 当帰飲子(とうきいんし)
  • 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
四物湯(しもつとう)
貧血改善のための代表的な漢方薬で、ホルモンバランスを正常化したり、肌を潤したりする効果が期待できます。
当帰飲子(とうきいんし)
乾燥肌改善に特化した漢方とも言われ、クチコミでの評判も良く、じわじわと人気を高めている漢方です。
婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
乾燥肌に限らず女性の不調を幅広くケアする、その名の通り女性の為の漢方。今や美容漢方の代名詞的存在です。

オイリー肌・脂性肌の人は『血熱タイプ』

オイリー肌・脂性肌の人は『血熱タイプ』

皮脂が過剰に出ていたり、肌に赤みがあるという人は、「熱」が多すぎる「血熱(けつねつ)タイプ」に分類されます。
ニキビなどの肌の炎症も熱が原因とされていますので、過剰な熱を抑えてあげる漢方を選ぶと良いでしょう。

血熱タイプにおすすめの漢方は、以下があります。

  • 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
過剰な皮脂分泌を正常にするのに用いられるもので、顔の熱や炎症を抑える作用があり、ニキビ治療にも処方されるものです。
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
吐き気や胃のつかえをとるのに主に用いられるものですが、炎症を抑え熱を取り除く効果のある生薬が含まれています。胃腸の働きを正常化し、身体の熱を取り、油っぽい肌を抑えるための漢方です。

しみ・くすみが気になる人は『淤血タイプ』

しみ・くすみが気になる人は『淤血タイプ』

シミやクスミ、ソバカスなどが気になる人は、血の巡り、つまり血流が悪い「淤血(おけつ)タイプ」に分類されます。
お血タイプの人はアザができやすい、アザが治りにくいという症状もあります。また血行不良からくるクマ、いわゆる青クマができやすい人も要注意です。

お血タイプにおすすめの漢方は、以下があります。

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 冠元顆粒(かんげんかりゅう)
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
血行障害に対して古くから用いられてきた、お血改善の代表的な漢方薬です。
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
お血タイプ用の漢方の代表ですが、こちらは便通を良くする効果もあり、体力が十分にある人向けとされています。
冠元顆粒(かんげんかりゅう)
漢方薬としては比較的新しいものですが、中国では古来から使われている丹参(たんじん)という血行改善の生薬を含んでおり、お血改善に大きな効果が期待できます。

顔がむくみやすい人は『陽虚タイプ』

顔がむくみやすい人は『陽虚タイプ』

顔がよく“むくむ”という人は身体を温める力が弱くなってしまっている「陽虚(ようきょ)タイプ」の可能性があります。
このタイプの人は身体が過度に冷えてしまう為、ひどい冷え症を感じている人が多く、また身体全体の機能が下がっているために、色々なところにも不調を感じている人も多いです。

陽虚タイプにおすすめの漢方は、以下があります。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血行を改善して身体を温める効果があり、冷え性や生理不調など女性ならではの症状改善によく使用される漢方薬です。特に、やせ型で虚弱体質の人のむくみに向いています。
参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
中国では有名な滋養強壮薬で、まだ日本で馴染みのないものですが、気力と血液を補充し、体を芯からポカポカにする力をサポートするものです。
八味地黄丸(はちみじおうがん)
身体が弱く体力が衰えている人、手足が冷えやすいという人におすすめで、弱った身体機能を元気にする効果があります。

ストレスからくる肌荒れは『気滞タイプ』

ストレスからくる肌荒れは『気滞タイプ』

ストレスを溜め込んでいる、イライラが落ち着かない、その結果、生活リズムが乱れたり、肌荒れを起こしたり、という人は、「気滞(きたい)タイプ」かも知れません。
気滞とは、気力・気のエネルギーの循環が滞っている状態であり、西洋医学で言うと自律神経のコントロール機能が低下している状態を指します。

気滞タイプにおすすめの漢方は、以下があります。

  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
加味逍遥散(かみしょうようさん)
血行改善により倦怠感や不眠などを解消するのに用いられる漢方で、血虚による乾燥肌や、お血によるしみ・くすみにも効果が期待できます。女性のイライラにおすすめです。
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
神経を鎮めて精神を落ち着かせるのに役立つものです。呪文のように長い名前ですが、主成分である柴胡(さいこ)、竜骨(りゅうこつ)、牡蛎(ぼれい)に分けてみると覚えやすいかと思います。(「さいこ・か・りゅうこつ・ぼれい・とう」というワケですね。)
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
鎮静作用によりイライラを鎮めるもので、不安感や緊張感の緩和、抑うつ状態の改善に用いられます。

漢方薬で美肌ゲット!正しく使うには医師の診断を

漢方薬で美肌ゲット!正しく使うには医師の診断を

肌トラブルのタイプ別に美肌効果の期待できる漢方薬を紹介してきましたが、ここで一点気をつけたいのが、複数の漢方薬を使うときには注意が必要という点です。それぞれの漢方が影響しあって、効果が出すぎたり、逆に効果がなくなったりすることもあります。

西洋薬との併用や、複数の漢方薬を使う場合には、漢方に詳しい医師に相談したほうが良いです。

よく「漢方には副作用が無い」というようなことも聞きますが、それは誤った考え方です。たしかに西洋医学での薬に比べると、漢方の副作用は比較的穏やかと言われています。

西洋薬、いわゆる細菌やウイルスを駆除したり、熱を下げたり痛みをとったり、というピンポイントな効果を期待する薬と違い、漢方薬は様々な種類の生薬により身体全体に働きかけるものなので、主作用と副作用の線引きが難しいという点もあります。

ですが、漢方薬にも副作用というものはありますので、なにか予期しない不調や変な感じがしたら、医師の診断を仰ぐのが良いでしょう。

記事のURLとタイトルをコピー
東洋医学で肌荒れ改善!安心して使える美肌効果のある漢方まとめ

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
肌荒れスパイラルを卒業!肌に優しいミネラルファンデーションの選び方
できたてニキビを一晩で治す!応急処置とニキビを隠すメイクテク
卒乳後の小さくなったおっぱいに効果的な3種類のバストアップ方法
保湿しやすい梅雨時期がチャンス?!ピーリングでキメ肌&透明肌に♡
デコルテのニキビケアのポイント。食生活とNG習慣に気を付けよう!
出産後シミが増えた…頑固なシミ・そばかすの正しいケア
妊娠中の大人ニキビで困らないための5つの正しいケア&予防方法
セラミド配合美容液は、こう使う!おすすめ6選&効果アップのテクニック