2016.02.03更新 sorasora

安全にストレス解消!妊娠中の腰の痛みを改善する方法

安全にストレス解消!妊娠中の腰の痛みを改善する方法
記事のURLとタイトルをコピー

妊娠をすると、体型やホルモンのバランスなどが大きく変化します。
それによって体の不調が増えてくることも…。
そのうちの1つが腰痛です。

そこで今回は、妊娠中の腰の痛みを改善させる方法をお伝えしましょう。
妊娠中のつらい症状、1つでも解消できたらうれしいですね。

妊娠の週数によって異なる腰痛の原因

妊娠中の腰痛は、お腹が大きいときに起こるイメージが強いのですが、実は妊娠初期から起こることもあるのです。

しかし妊娠初期と妊娠後期では、腰痛が起こる原因が異なります。

妊娠初期に起こる腰痛の原因

妊娠初期の腰痛の原因は、ホルモンによるものです。

妊娠3ヶ月頃から、リラキシンというホルモンが分泌されます。
このホルモンは卵巣ホルモンの一種で、出産時赤ちゃんが骨盤を通れるようにするため、関節や骨盤などを緩める働きがあります。
妊娠初期の頃から、もう出産に向けた準備が体の中では始まっているのですね。

しかしそれにより、お尻や腰の筋肉への負担は大きくなります。
そのため腰痛が起こってしまうのです。

妊娠後期に起こる腰痛の原因

先ほどもお伝えしたホルモンの影響に加え、お腹が大きくなることによる姿勢の変化があげられます。

お腹が大きくなると、重心が前方に傾きます。
バランスをとろうとすると、後方に体を傾けなければなりません。
そうすると、背中や腰に負担がかかり、痛みが起こってしまいます。

妊娠後期は体型も大きく変わるため、初期の頃よりもさらに腰痛が悪化しやすいのです。

ではこれらの腰の痛みを改善させる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

日常生活の中でもできる腰痛改善法

まずは、誰でも簡単に取り入れることができる腰痛改善法をお伝えしましょう。
日常生活の中で取り入れることができるので、今すぐ実践できますよ。

荷物の持ち方に気をつける

重たい荷物を持つと、腰に負担がかかります。
できる限り重たい物は持たない方が良いのですが、そうも言ってられないときもありますよね。
そんなときは持ち方を工夫するだけで、腰やお腹への負担を軽減させることができます。

重たい荷物を持ったり、お子さんを抱っこしたりするときは、

  1. 片方の膝を床につけます
  2. ゆっくりと持ち上げましょう

重たい荷物を持つ際は、ぜひ実践してみてくださいね。

低いヒールのある靴を選ぶ

妊娠中はヒールのないぺたんこの靴を選びがちですが、実は2~3㎝ほどのヒールがある靴を選ぶほうが重心が後方に傾きやすくなるため腰への負担が軽減されます。

もちろんヒールの高すぎる靴は論外です。
歩きにくいだけで無く、転倒の危険性もあり大変危険です。

湯船につかる

妊娠中はお風呂も億劫になりがちです。

しかし、シャワーで済ませずに湯船に入ることで、体を温め血行が促進されます。
そうすると、筋肉がほぐれ腰痛にも効果的です。

寝るときの姿勢に気をつける

寝るときの姿勢に気をつける

妊娠中は、もちろんうつぶせの姿勢はできません。
かといって仰向けの姿勢は、お腹が大きくなってしまうと苦しいですし、お腹がまだ小さいうちでも、腰に負担がかかってしまいます。

ですから、妊娠中におすすめの姿勢は横向きです。
横向きで寝ることで腰への負担も軽減されるため、効果的です。

さらに、クッションや枕などを抱えて横向きになるのも効果があります。
腰が痛くて眠れないときはお試しください。

骨盤ベルトで腰痛改善

骨盤ベルトの効果

骨盤ベルトは、産後の緩んだ骨盤を元に戻すために使用するイメージが強いのですが、実は妊娠中の腰痛にも効果を発揮します。

先ほどもお伝えしたように、妊娠中はホルモンの影響で骨盤が緩み、それによって腰痛が起こりやすい状態にあります。
これを改善させるのが「骨盤ベルト」です。

骨盤ベルトは緩んだ骨盤を支えてくれるため、装着することで腰への負担が軽くなります。
そのため腰痛を起こりにくくしてくれるのです。

しかも、効果を発揮するのは腰痛だけではありません。
実は、骨盤が緩みすぎることで子宮が圧迫され、赤ちゃんの成長に影響を及ぼすことがあるのですが、骨盤ベルトはそういった危険を防いでくれるのです。

また骨盤ベルトが、出産後も体型を戻すために活躍するのは皆さん知っての通りですが、妊娠中から骨盤ベルトを使用することで、産後の体型の変化を最低限にしてくれるのです。

腰痛以外にもメリットがある骨盤ベルト、おすすめです。

おすすめ骨盤ベルト

骨盤ベルトには様々なタイプがあります。
産前産後、両方使えて装着しやすいタイプがおすすめです。

骨盤ベルトのおすすめ商品はコチラ

妊婦帯・腹帯ランキング

マタニティーエクササイズで腰痛改善

マタニティーエクササイズの効果

マタニティーエクササイズは、主に妊娠の安定期に適した運動です。
取り入れることで妊娠中の体の不調を緩和させ、精神的にもリラックスすることができます。

また、妊娠中は運動不足になりがちです。マタニティーエクササイズで体を動かすことで運動不足解消になり、体重管理もしやすくなります。

マタニティーエクササイズにより体を動かすことで、筋肉がほぐれ、血行も良くなります。
それにより腰痛を軽減させることも期待できるのです。

マタニティーエクササイズの中には腰痛に効果を発揮する動きがいくつかあります。
その動きをいくつかご紹介していきましょう。

おすすめのエクササイズ

腰痛を和らげるマタニティーエクササイズには、

1. 正しい姿勢

2. 腰のマッサージ

3. 猫のポーズ

4. 猫のしっぽふり

5.腰のカール

などがあります。

その他にもこのようなエクササイズがありますので参考にしてみてください。

腰痛を和らげる体操

エクササイズを行うときの注意点

マタニティーエクササイズを行う際は、以下のことに留意しましょう。

  • 安定期に入ってから行いましょう。
    また、行う前に医師からの許可を得るようにしましょう。
  • 体調と相談しながら行うようにしましょう。
    特に、お腹に張りや痛みがあるときは行わないようにしましょう。
  • エクササイズ中に異変を感じたときはすぐに中断しましょう。
  • 食後すぐに行うことは控えましょう。

くれぐれも無理のない範囲で行うよう心がけてくださいね。

マタニティ整体で腰痛改善

マタニティ整体の効果

マタニティ整体の効果

マタニティ整体は、妊娠中に起こる骨盤や骨格のゆがみを適度に矯正してくれます。
それにより、骨盤や骨格の歪みによって引き起こされる様々な症状に効果が期待できます。
もちろん腰痛の改善にも効果的です。

それだけではなく、自律神経を整える効果もあるため、精神的にもリラックスすることができます。

マタニティ整体を受ける際の注意点

妊娠中の体はデリケートです。
トラブルを避けるため、整体を受ける際は以下のことに注意してください。

  • 安定期に入り、医師に相談を仰いでからにしましょう。
  • 妊娠中の施術に詳しい店舗を選びましょう。
    信頼できる店舗選びは最も大切です。
  • 体調と相談し、無理のない範囲で行いましょう。

妊娠中は、刺激してはいけない部位があったり、うつぶせなど、さけた方がいい姿勢があったりなど、トラブルにつながりかねない行為がいくつもあります。
ですから、それらに精通したお店選びは大変重要です。

なお、妊娠中の整体については以下のホームページが参考になります。
ぜひご覧になってみてください。

整体院もみのき

体調を整えて快適なマタニティライフを

体調を整えて快適なマタニティライフを

妊娠中は、体も心も大きく変化します。
それによってストレスを感じやすくなります。

でも、体の不調が減ることでストレス解消にもつながりますよね。

いくつかの対処法をご紹介しましたが、最適な方法は人によって様々です。
ご自分に一番合った方法を選択し、試してみてください。

腰痛を解消してストレスの元を減らし、快適なマタニティライフをおくりましょう。

記事のURLとタイトルをコピー
安全にストレス解消!妊娠中の腰の痛みを改善する方法

「いいね!」を押して
「キレイ」を保ちませんか?

キレイママの最新情報をお届けします

Twitter、Google+でキレイママをフォロー


関連するキーワード
関連する記事
妊活中のお酒はやっぱりNG?それでも飲みたい時に気を付けたいポイント!
産後ダイエットはリバウンドしないように!無理なく続けられる心構え
みんなは妊娠中のヘアカラー・パーマはどうしてる?胎児への影響は?
妊娠中・産後は自律神経失調症になりやすい?まずは症状をセルフチェック
職場や実家にいつ報告すべき?妊娠報告のベストタイミングまとめ + 失敗談
原因はストレス?栄養不足?白髪を黒髪に戻すヘアケア方法!
妊娠中の大人ニキビで困らないための5つの正しいケア&予防方法
妊娠中の運動不足解消!マタニティスポーツでリフレッシュ&不調改善!